ニコラ・グルニツキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グルニツキー

ニコラス・グルニツキーNicolas Grunitzky1913年4月5日 - 1969年9月27日)は、トーゴ政治家、第二代大統領(任1963年-1967年)。

経歴[編集]

ポーランド系ドイツ人の父、トーゴ人の母との間に生まれる。南部エウェ族に基盤を置く。フランス統治下のトーゴで、トーゴ進歩党(PTP)を結成し、シルバヌス・オリンピオらの反フランス的運動とは一線を画した。

1956年、トーゴ自治政府の初代首相に就任した。1958年の選挙ではオリンピオが勝利し、トーゴ独立(1960年4月27日)に際してはオリンピオが大統領に就任した。オリンピオは反対派を迫害し、グルニツキーは亡命を余儀なくされる。

1963年1月13日クーデターでオリンピオが殺害されると、グルニツキーは帰国して大統領に就任した。

しかし、グルニツキー政権は軍の増員を要求するクーデターの立役者エチエンヌ・エヤデマ、アルバート・ジャファロ、ジェイムズ・アシラらの派閥抗争に悩まされ、副大統領アントワーヌ・メアチら北部人と南部のエウェ族の対立も深刻化した。

メアチとグルニツキーの対立は南北の民族対立を象徴するもので、政府は機能せず、1967年1月13日、エヤデマ参謀長のクーデターにより政権は崩壊した。

公職
先代:
エマヌエル・ボジョレー (en
(反乱委員会議長)
トーゴの旗 トーゴ共和国大統領
第2代:1963 - 1967
次代:
クレベール・ダジョ (en
(国民和解委員会委員)
先代:
(創設)
トーゴの旗 トーゴ自治政府首相
初代:1956 - 1958
次代:
シルバヌス・オリンピオ