ニコラ・アペール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニコラ・アペール

ニコラ・アペール(Nicolas Appert、1749年11月17日 - 1841年7月1日)は、フランスの食品加工業者。びん詰めによる食品の保存に成功したことから、瓶詰缶詰(缶は彼の発明ではないが)の祖とされる。

1789年から1794年までフランス革命運動に参加し、3ヶ月間投獄される。

1804年に「細長いびんや広口のびんに予め調理した食品を詰め、コルクでゆるく栓をし、湯煎なべに入れて沸騰過熱し、30-60分後、びん内の空気を除いて、コルク栓で密封する」保存食品の製造法を考案。パリ近郊のマッシーに保存食品製造所を開いてびん詰めの製造を開始する。

この方法でナポレオン率いるフランス政府の新しい食品貯蔵法についての懸賞に当選し、12000フランの賞金を得る。

1808年フランス産業振興連盟にこの方法で作った3本のびん詰めミルクを提出。6年後の1814年に開封されて試飲され、この方法の正しさが認められ、『アペール法』と名づけられた。

2004年日本缶詰協会はニコラ・アペールのアペール法発見200年を記念して、当時のレシピを基にして、ポトフコンソメ、ジュリエンヌ(野菜スープ)、イチゴピューレ、白インゲン豆の水煮を復元発表した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]