ポトフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポトフ

ポトフpot-au-feu、ポトフーとも)は、フランス家庭料理の一つ。potは鍋や壺、feuは火を示すため、「火にかけた」といった意味になる[1]

解説[編集]

ポトフの材料

牛肉ソーセージなどのと、大きく荒く切ったニンジンタマネギカブセロリなどの野菜類を、じっくり煮込んだ料理である。

スープ食塩香辛料(黒コショウハーブクローブ等)などで風味を調え、肉や野菜は食べやすい大きさに切ってからマスタードを添え、それぞれ別皿に盛って供する。

各国に類似した料理があり、ドイツ料理でいうアイントプフは、ポトフのドイツ版。フランス語版のWikipediaでは、日本版ポトフとして「おでん」が挙げられている。中国には火鍋がある。

脚注[編集]

  1. ^ ポトフはどんな風に食べるもの? 食育大事典、2014年12月18日閲覧。

関連項目[編集]