ナミュール包囲戦 (1695年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ナミュール包囲戦
Die Belagerung von Namur 1695.jpg
ナミュール包囲戦、ヤン・ファン・フフテンブルへ英語版作。
戦争大同盟戦争
年月日1695年7月2日 - 9月1日グレゴリオ暦
場所スペイン領ネーデルラントナミュール
結果:同盟軍の勝利
交戦勢力
フランス王国の旗 フランス王国 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
ネーデルラント連邦共和国の旗 ネーデルラント連邦共和国
イングランド王国の旗 イングランド王国
スコットランド王国の旗 スコットランド王国
アイルランド王国の旗 アイルランド王国
指導者・指揮官
フランス王国の旗 ブーフレール公爵 降伏
フランス王国の旗 ヴィルロワ公爵
イングランド王国の旗スコットランド王国の旗アイルランド王国の旗 ウィリアム3世
ネーデルラント連邦共和国の旗 メンノ・フォン・クーホルン
神聖ローマ帝国の旗 マクシミリアン2世エマヌエル
戦力
13,000[1] 歩兵34,000
騎兵24,000[1]
損害
8,000 12,000

ナミュール包囲戦(ナミュールほういせん、英語: Siege of Namur)は大同盟戦争中の1695年7月2日から9月1日グレゴリオ暦)にかけて行われた、スペイン領ネーデルラントナミュールの包囲戦。アウクスブルク同盟の軍勢は1692年の包囲戦でフランス軍に占領されたナミュールを奪回、大同盟戦争におけるもっとも重要な戦闘と言われた[2]

背景[編集]

フランス軍はリュクサンブール公爵の指揮の元、フランス王ルイ14世が見届けた1692年の第一次包囲戦でナミュールを奪取した。ナミュールの防御工事は第一次包囲戦で城塞を守備したメンノ・フォン・クーホルンによって設計された。ナミュールが陥落した後、フランスのセバスティアン・ル・プレストル・ド・ヴォーバンは防御工事を大幅に改善した。サンブル川マース川の合流点にあったため、ナミュール城英語版スペイン領ネーデルラントにおけるもっとも重要な要塞だった。

包囲[編集]

今回はフランス軍が守備に回り、ラ・ファリーズ城英語版を本営とした[3]アウクスブルク同盟軍総司令官ウィリアム3世スペイン領ネーデルラント総督マクシミリアン2世エマヌエルは1695年7月2日に包囲を開始、翌3日にはナミュールが完全に包囲された[4]。前回は守備軍だったメンノ・フォン・クーホルンが今回はナミュールを包囲した[1][5]

ヴォーバンにより築かれた外周の防御工事は7月18日までに同盟軍に突破された。イングランド軍とオランダ軍計5個大隊は8月3日にナミュールのブリュッセル門に強襲を仕掛け、フランス軍の指揮官ブーフレール公爵は降伏してナミュールの町を放棄した[5]。このときの交渉により翌日から6日間停戦し、傷者の治療とナミュール城英語版への撤退が許された。停戦の保証として高級将校が人質として好感された。6日間の停戦の後、包囲戦は再開した。

ヴィルロワ公爵は同盟軍をナミュールから引き離すべくブリュッセル砲撃英語版を敢行したが、ブリュッセルは政治的には重要ではなく、砲撃の唯一の目的はブリュッセルの破壊だった。砲撃は8月13日から15日まで続いたが、ナミュールの包囲軍は動じなかった。ヴィルロワは続いてナミュールの包囲を解こうとしたが、ヴォーデモン公爵の軍に阻まれた[4]

1か月間抵抗した後、ブーフレールは自軍1万3千のうち8千を失って9月1日に降伏、城塞を明け渡した。同盟軍の損害は1万2千人だった。デインゼ英語版ディクスムイデ英語版で同盟軍の捕虜をひどく扱い、また降伏の条件を破ったためウィリアム3世はブーフレールを釈放せずに留め置いた[5]

脚注[編集]

参考文献[編集]

座標: 北緯50度28分 東経04度52分 / 北緯50.467度 東経4.867度 / 50.467; 4.867