リューゼの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リューゼの戦い
Combat de Leuze, 18 September 1691.jpg
リューゼの戦い、ジョゼフ・パロセル英語版作、1691年。
戦争大同盟戦争
年月日1691年9月18日
場所スペイン領ネーデルラントリューゼ=アン=エノー英語版
結果:フランスの勝利
交戦勢力
フランス王国の旗 フランス王国 イングランド王国の旗 イングランド王国
スコットランド王国の旗 スコットランド王国
ネーデルラント連邦共和国の旗 ネーデルラント連邦共和国
指導者・指揮官
フランス王国の旗 リュクサンブール公爵 ネーデルラント連邦共和国の旗 ゲオルク・フリードリヒ・フォン・ヴァルデック英語版
戦力
騎兵28個大隊 騎兵72個大隊
損害
死傷者400 死傷者1,500-2,000

リューゼの戦い(リューゼのたたかい、英語: Battle of Leuze)は大同盟戦争中の1691年9月18日、フランス軍と大同盟軍の間の小規模な騎兵戦である。

歴史[編集]

フランスのリュクサンブール公爵ウィリアム3世が1691年の戦役が終わったとしてイングランドに向かったことと、残って軍を指揮したゲオルク・フリードリヒ・フォン・ヴァルデック英語版元帥が冬営に入ろうとしたことを知った。当時リュクサンブール公はトゥルネー近くにおり、マルシイ(Marsilly)率いる偵察軍を派遣した。そして、同盟軍の本軍が撤退中で、リューゼに後衛として騎兵を残したことを知ると、リュクサンブール公は即座に行動した。彼は軍を派遣して同盟軍本軍を追跡しつつ、クロード・ルイ・エクトル・ド・ヴィラールとマルシイの騎兵大隊で警告なく同盟軍の後衛を攻撃した。フランスの騎兵は(銃剣ではなく)剣だけを使って突撃した。

同盟軍は騎兵の人数では上だったが、ちょうど隘路を行軍中だったため上手く展開できなかった。マッケイの連隊を含む同盟軍の歩兵も参戦したが、さほど行動しなかった[1]。リュクサンブールは自身が戦闘の渦中におり、敵軍が自分めがけて攻撃してきたため応戦せざるをえなかった場面もあった。

戦闘は2時間と短く、フランスが勝利した。生還した同盟軍の騎兵はヴァルデックが派遣した部隊と合流した。

脚注[編集]

  1. ^ Murray's regiment of the Scots Brigade”. 2017年10月20日閲覧。