ナミエシロチョウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ナミエシロチョウ
Appias paulina ega.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: チョウ目(鱗翅目) Lepidoptera
上科 : アゲハチョウ上科 Papilionoidea
: シロチョウ科 Pieridae
亜科 : シロチョウ亜科 Pierinae
: トガリシロチョウ属 Appias
: ナミエシロチョウ A.paulina
学名
Appias paulina
(Cramer)
和名
ナミエシロチョウ(浪江白蝶)
英名
The Lesser Albatross
亜種
  • A. p. minato(Fruhstorfer)

ナミエシロチョウ(浪江白蝶 Appias paulina)は、チョウ目(鱗翅目)アゲハチョウ上科シロチョウ科に属するチョウの一種。

概要[編集]

翅裏が黄色だが本種はシロチョウの仲間。前翅の先端がとがる事から、本種を含めその仲間を「トガリシロチョウ」と呼ぶ。本種の発生地周辺では他にも多くのトガリシロの仲間が現れるので、識別には注意を要する。

食樹はトウダイグサ科ツゲモドキ。南方系の蝶のためほぼ通年発生しており、国内での越冬態はとされているが不定の可能性もある。成虫はいつでも見られるが、春から夏にかけてが多い。

和名の「ナミエシロチョウ」は波江元吉献名されたもの[1]

分布[編集]

国内ではトカラ以南の南西諸島に、国外ではインドオーストラリア区に広く分布し、台風の風に乗るなどして分布域以北にも迷蝶として現れることがある。

参考文献[編集]

  • 牧林功解説 『日本の蝶』成美堂出版、1994年、ISBN 4-415-08045-6
  • 日本環境動物昆虫学会編『チョウの調べ方』文教出版、1998年、ISBN 4-938489-11-2
  1. ^ 磯野直秀. “揺藍期の動物学教室”. 学問のアルケオロジー. 東京大学総合研究博物館. 2013年7月25日閲覧。

関連項目[編集]