ナイジェル・ロジャース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ナイジェル・ロジャースNigel Rogers, 1935年3月21日 - )は、イギリステノール歌手。

ケンブリッジ大学のキングス校に合唱奨学生として学ぶ、イタリアに留学後、ミュンヘンで日本でも人気の高かった著名なバリトン歌手、ゲルハルト・ヒュッシュに師事した。トマス・ビンクリー率いるミュンヘン古楽スタジオのメンバーであり、古楽演奏の声楽 における先駆者の一人。国際的に著名で重要な古楽奏者と頻繁に共演しており、グスタフ・レオンハルトニコラウス・アーノンクールユルゲン・ユルゲンスハンス・マルティン・リンデデイヴィッド・マンロウクリストファー・ホグウッドアンドルー・パロットらと共演や録音活動に携わってきた。

ユルゲン・ユルゲンス指揮のモンテヴェルディ歌劇オルフェーオ》でのタイトル・ロールのほかに、アーノンクールが1970年に録音したマタイ受難曲のテノールのアリア等は、ロジャースの代表的な音源となっている。