ナイジェル・コールダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ナイジェル・コールダーNigel Calder 1931年12月2日 - 2014年6月25日)はイギリスサイエンスライターである。コールダーは1956年から1966年までニュー・サイエンティストで執筆した。1962年から1966年までは編集者であった。

それ以降、彼は独立した作家かつテレビ脚本家として働いてきた。13の主要なドキュメンタリーBBCの4チャンネル(ロンドン)でポピュラーサイエンスを題材にしたシリーズ放送を着想し脚本を書いてきた。書籍も付随した。

1972年、彼は科学の普及の貢献に対してカリンガ賞を受賞した。

2004年、彼の*オックスフォード・サイエンス・ガイド(原題はMagic Universe - the Oxford Guide to Modern Science)が科学書籍のためのアベンティス賞の最終選考に残った。

ナイジェル・コールダーは後のリッチー・ピーター・カルダー卿の息子で、歴史学者のアンガス・カルダーの兄で、シモン・カルダーの父である。

彼の他の子供達はサラ(ビジネスライター)、ペニー(美術館ライターでコンサルタント)、ジョー(IT企業に勤務)、そしてケイト(広報コンサルタント)である。 彼の妻のリッツは著作権代理人で、ロンドン商工会議所の言語教育に関するアドバイザーである。