ドロテア・フォン・ザクセン=ラウエンブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドロテア王妃

ドロテア・フォン・ザクセン=ラウエンブルク=ラッツェブルク(Dorothea von Sachsen-Lauenburg-Ratzeburg, 1511年7月9日 - 1571年10月7日)は、デンマーク=ノルウェーの王クリスチャン3世の王妃。デンマーク語名ではDorothea af Sachsen-Lauenburg。

ザクセン=ラウエンブルク公マグヌス1世と妃カタリーナ・フォン・ブラウンシュヴァイクの娘。妹カタリーナスウェーデングスタフ1世の最初の妃である。

1525年にクリスチャン3世と結婚し、5子をもうけた。

ドロテアは1571年に亡くなり、ロスキレ大聖堂で夫の隣に葬られた。