ドリン川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドリン川
Drin.jpg
延長 285 km
平均流量 352 /s
流域面積 11,756 km²
水源 オフリド湖
河口・合流先 アドリア海
流域 アルバニアコソボマケドニア共和国
テンプレートを表示

ドリン川またはドリニ川アルバニア語:DrinまたはDrini、マケドニア語:Дрим、ギリシャ語: Δρινος )は、アルバニア最大の川。

マケドニア共和国・ストルガのオフリド湖畔から発した黒ドリン川は、北へ向かって山地を流れ、水源から約149km地点でアルバニアへ入る。国境の直前はデバル・ダムとなっている。アルバニア国内でも起伏の多い山地を北へ向かって流れる。

白ドリン川はコソボペヤが源である。本質的に、狭い谷を通って川は南進する。

アルバニアのクーカスで、黒ドリン川と白ドリン川が合流してドリン川となる。アルバニア北部海岸近くで、ドリン川は2つの分流に分かれる。これは1858年の土砂崩れが原因で流れが変わったためである。かつて本流であった小さな川は、南進する。レジャの西で、川はドリン湾に注ぐ。

現在本流となっている川(大ドリン川とも)は、西進しシュコドラを通過、ロザファ要塞近くで、シュコダル湖に源を発するブナ川に合流する。ブナ川はアルバニア=モンテネグロ間の国境線となっている川で、この合流地点からおよそ32kmでアドリア海に注ぐ。

アルバニア国内のドリン川流域には3箇所のダムがあり、水力発電所でつくられた電気はアルバニア国内へ供給されている。