ドニー・ヴィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドニー・ヴィー
Donnie Vie
別名 Don E. Vie
ジャンル ハードロックヘヴィメタルロックポップス
担当楽器 ヴォーカルギターキーボード
活動期間 1984年 -

ドニー・ヴィーDonnie Vie)はアメリカのミュージシャン。ロック・バンド、イナフ・ズナフ(Enuff Z'nuff)のメンバーとして1989年にデビューし、現在はソロで活動。

ディスコグラフィ[編集]

ソロ[編集]

  • Just Enough! (2003年) - ファースト・フルレンス・アルバム。Don E. Vie名義でも発売された
  • This & That (2004年) - Don E. Vie名義。イナフ・ズナフのデモ音源とソロ音源を収録
  • Baby Pictures (2006年) - TV出演時の映像やインタービュー、ミュージック・ビデオなどを収録したDVD
  • DVieD-EP (2006年) - 上記DVDに6曲入りEPをプラスしてヨーロッパで発売されたDVD+CD
  • Extra Strength (2007年) - イナフ・ズナフのセカンド・アルバム「ストレングス」のアコースティック再録作品
  • Smokin' Hot Lollipop (2010年) - EP
  • Wrapped Around My Middle Finger (2012年) - セカンド・フルレンス・アルバム
  • Goodbye: Enough Z'nuff (2014年) - イナフ・ズナフのナンバーを収録したライブCDとDVDの2枚組
  • The White Album (2014年) - サード・フルレンス・アルバム
  • The Best of Donnie Vie (2015年) - ソロアルバム3作品からセレクトした曲に未発表曲とイナフ・ズナフの曲のソロ・バージョンを加えたベスト盤。オンライン配信のみ
  • V8 Live In Europe 2015 - Donnie Vie​ & Baz Francis名義のライブEP
  • Mrs Vandevelde - V8名義のEP
  • ! (2016) - アウトテイク、アコースティックセッション、ライブなどを収録したレア・トラック集
  • International Jagoffs (2018) - 甥のルー君とのコンビGuilt n' Shameのアルバム

その他[編集]

  • 氷室京介 / I・DE・A (1997年) - スティーヴ・スティーヴンスとの共作曲「SWEET EMOTION」を収録
  • Needle Park / C'mon Get Real (2002年) - 「When It All Comes Around」「Take Me Back」にリード・ヴォーカルとして参加
  • Liberty N' Justice / Chasing A Cure (2010年) - 「Throwing Stones」にリード・ヴォーカルとして参加
  • Liberty N' Justice / The Cigar Chronicles (2012年) - 「Madhatter」にリード・ヴォーカルとして参加
  • Primitive Overflow / Honor Way Down (2012年) - 全曲にリード・ヴォーカルとして参加
  • Magic Eight Ball / Sorry We're Late But We're Worth The Wait (2013年) - 「Before It Was Murder (You Got Me Talking)」 ボーカルをバックアップ
  • Candybag / Ending (2016年) -「Nun S'po Fa Sta Vita」に参加、「Piccolo Ingombrante」のナレーションを担当

外部リンク[編集]