ドニズ・ルネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ドニズ・ルネ又はドゥニズ・ルネDenise René; 1913年6月 – 2012年7月9日)は、フランスパリを拠点として活躍した画廊主ギャラリスト)。とりわけ、キネティック・アートオプ・アートとの関わりで知られる。結婚前の名前はドニズ・ブライプトロイ(Denise Bleibtreu)という。[1]

生涯と業績[編集]

ドニズ・ルネは、芸術がこの世に存在するためには芸術自身が新しい道を切り拓いていかねばならないという信念を持って活動をしていた。ルネがオーガナイズした最初の展覧会は、1945年6月のものである。ルネの研究分野は幾何学的抽象主義英語版キネティック・アートである。芸術史家のフランク・ポパー英語版はルネの活動の擁護者であり続けた。[2]

ルネは美術商としての活動を開始して最初の5年間においては、マックス・エルンストフランシス・ピカビアのような現代美術の巨匠を展示した。その後のルネは、東欧の前衛(アヴァンギャルド)具象芸術家をパリに紹介したり、マルセル・デュシャンのような前衛の先駆けになった芸術家を探し出したりして、長年にわたりさまざまな世代の芸術運動に関わった。1955年にルネがオーガナイズした展覧会「運動」(Le Mouvement)は、キネティック・アートの大衆化に貢献した。ルネが展示を手がけた芸術家としては、ニコラス・シェーファーフランス語版ヤコブ・アガムジャン・ティンゲリオット・ピエネ英語版ジャン・アルプアレクサンダー・カルダーカルロス・クルズ=ディエズ英語版ヘスース・ラファエル・ソト英語版ヴィクトル・ヴァザルリマリノ・ディ・テアナフランス語版ゾフィー・トイバー=アルプグレゴリオ・バルダネガ英語版ポル・ビュリ英語版ウェンイン・ツァイ英語版ル・コルビュジエロベール・ドロネナーディル・アフォンソ英語版マックス・ビル英語版ソニア・ドロネ英語版などがいる。 [3]

パリにおける最初のピエト・モンドリアンの個展は、1957年にルネが企画した。パリの外では、1971年から1981年までニューヨーク市に画廊を持っていた。ハンス・マイヤー(Hans Mayer)と共同でデュッセルドルフにも持っていたことがある(1969年)。2001年にはポンピドゥー・センターがルネの回顧展「ドニズ・ルネ――抽象芸術の冒険における画廊。1944年から1978年まで。」("Denise René, une galerie dans l'aventure de l'art abstrait. 1944-1978")を開いた。[4]

出典[編集]

  1. ^ Singer, Reid. “Gallerist Denise René, Known as the "Pope of Abstraction" for Championing Op and Kinetic Art, is Dead at 99”. Artinfo. 2012年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月10日閲覧。
  2. ^ «L'homme moteur».Frank Popper, l’art cinétique et le GRAV Archived copy”. 2011年7月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月15日閲覧。
  3. ^ She discreetely encouraged the other artists as Alberto Magnelli, Auguste Herbin, Dewasne, Maxa Meltis, Jacobsen and Mortensen.denise rené rive gauche
  4. ^ Denise René, l'intrépide - Une galerie dans l'aventure de l'art abstrait, 1944-1978 Archived copy”. 2006年11月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月15日閲覧。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]