ドニゴール県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ドニゴール州から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドニゴール県

Contae Dhún na nGall
County Donegal
カウンティ(県)
ドニゴール県の紋章
紋章
標語: 
: Mutuam habeatis caritatem
: Have love for one another
互いに愛を持つ
アイルランドにおけるドニゴール県
アイルランドにおけるドニゴール県
北緯54度55分1.2秒 西経8度0分0秒 / 北緯54.917000度 西経8.00000度 / 54.917000; -8.00000座標: 北緯54度55分1.2秒 西経8度0分0秒 / 北緯54.917000度 西経8.00000度 / 54.917000; -8.00000
アイルランドの旗 アイルランド
地方 アルスター
国民議会下院 ドニゴール選挙区
欧州議会 ミッドランド北西部
県都 リフォード
行政
 • 種別 県議会
面積
 • 合計 4,861km2
面積順位  4位
人口
(2016年)[1]
158,755人
 • 順位  13位
ナンバープレート DL
ウェブサイト www.donegalcoco.ie

ドニゴール県: Contae Dhún na nGall: County Donegal[注 1])は、アイルランド北西部のであり、北アイルランドに含まれないアルスター地方3県のひとつである。県名はアイルランド語の「外国人の砦」(この場合の外国人とはヴァイキングを意味する)に由来する。この県は前身であるティルコネイル(: Tír Chonaill: Tyrconnel)伯爵領に由来して、しばしばティアコネル県と呼ばれた。

20世紀末、県名をティルコネルに変える試みがなされたが、イニショーウェン(en:Inishowen)半島が歴史的にティアコネル伯爵領ではないという反対を受けて却下された。

地理[編集]

低い山々、そしてスウィリー湾(en:Lough Swilly)などの、深く入り込んで入江になっている海岸線を持つ。ヨーロッパで2番目に高い岸壁スリーヴ・リーグ(en:Slieve League)やアイルランド島最北端の地マリン・ヘッド(en:Malin Head)がある。気候は北大西洋海流の影響を受けて温和で、夏は湿気が多く冬は雨が少ない。海岸部の島のうちアランモア島(en:Arranmore)とトーリー島(en:Tory Island)には常に人が住むが他の島々には一時的な居住者しかいない。

文化・伝統[編集]

ドニゴールで使われるアイルランド語の方言は独特で、スコットランド・ゲール語に近い。ドニゴールのゲールタハト(ゲール語使用地域)で使われるアイルランド語は西アルスター方言である一方、20世紀初頭に英語を話す地域になってしまったイニショーウェンでは東アルスター方言が使われていた。スコットランド語(scots)のアルスター方言(アルスター・スコッツ)はいまだにある程度は東ドニゴールのラガン地区で話される。

ドニゴールのアイルランド語はアルスター中の話者に影響を与え、自分達の言葉がRTÉで使われている公式のアイルランド語と(発音が)異なっていることがわかる。

ドニゴール県は他のアイルランド西部地域と同様に独特のフィドル奏法や歌があり、世界的に知られている。ポピュラー音楽でも同様で、エンヤグウィドーの出身である。また、カウンティで最も有名なロック・アーティストのロリー・ギャラガーバリーシャノン出身である。

近代文学ではイニショーウェンの脚本家・詩人のフランク・マクギネスやデリー(ロンドンデリー)生まれでドニゴール在住の脚本家ブライアン・フリールに代表される。フリールの演劇の多くがドニゴール県の架空の町バリーベッグを舞台としている。

政治[編集]

ドニゴール県議会とレタケニーバンドーランバリーシャノンバンクラナの町議会が地方行政を担う。県議会と町議会の選挙(並びに国会の地方選挙と欧州議会の選挙)は5年ごとに行なわれ、最近では2004年6月11日に行なわれた。29の議員が5人の選挙人のエリア(イニショーウェンレタケニードニゴールストラノーラーグレンティーズ及びミルフォード)を通して比例代表制で選ばれる。ドニゴールの県議会の本部はリフォードの県庁舎に位置しているが、地域支部がカーンドーナ、ミルフォード、レタケニー、ダングロー、ドニゴールにある。

国会の総選挙の時にはこのカウンティはドニゴール南西とドニゴール北東の2つの選挙区に分けられる、各々3人ずつのドイル・エアラン(アイルランド国民議会下院)議員が選ばれる。

ドニゴールにある町[編集]

最大都市はレタケニー

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 日本語ではドニゴール州と訳す例もある(アイルランドの家族史研究)。

出典[編集]

  1. ^ County Donegal”. 中央統計局 (2016年). 2017年4月22日閲覧。

関連書籍[編集]

  • Sean Beattie (2004). Donegal. Sutton : Printing Press. ISBN 0-7509-3825-0.(Ireland in Old Photographs series)

外部リンク[編集]