ドキサゾシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Doxazosin
Doxazosin.svg
Doxazosin ball-and-stick.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
販売名 Cardura
Drugs.com monograph
MedlinePlus a693045
法的規制
  • (Prescription only)
投与方法 oral
薬物動態データ
生物学的利用能 65%
血漿タンパク結合 98%
代謝 Hepatic
半減期 22 hours
識別
CAS番号
74191-85-8 チェック
ATCコード C02CA04 (WHO)
PubChem CID: 3157
IUPHAR/BPS 7170
DrugBank DB00590 チェック
ChemSpider 3045 チェック
UNII NW1291F1W8 チェック
KEGG D07874  チェック
ChEBI CHEBI:4708 チェック
ChEMBL CHEMBL707 チェック
化学的データ
化学式 C23H25N5O5
分子量 451.475 g/mol
テンプレートを表示

ドキサゾシン(Doxazosin)はアドレナリンの作用を抑えることにより作用する高血圧治療薬。ファイザー社などが製造・販売するカルデナリンなどがある。

薬理[編集]

アドレナリンには神経伝達物質としての作用のほか、心臓血管内分泌臓器へ作用し血圧を上げる作用がある。ドキサゾシンはアドレナリンα1受容体へ結合し、競争的阻害により血圧を下げる。

効能・効果[編集]

用法・用量[編集]

1日1回0.5mgより投与を始め、効果が不十分な場合は1~2週間の間隔をおいて1~4mgに漸増する。1日最高投与量は8mgまでとする。ただし、褐色細胞腫による高血圧症に対しては1日最高投与量を16mgまでとする[1]

副作用[編集]

添付文書に記載されている重大な副作用は、

  • 失神、意識喪失、不整脈、脳血管障害、狭心症、心筋梗塞、
  • 無顆粒球症、白血球減少、血小板減少、
  • 肝炎、肝機能障害、黄疸

である[1]

出典[編集]