ドイツ国鉄01形蒸気機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドイツ国鉄01形蒸気機関車
01 118号機。2007年ケーニヒシュタインの催しで。
01 118号機。2007年ケーニヒシュタインの催しで。
基本情報
製造所 AEGボルジッヒヘンシェルホーエンツォレルンクルップベルリン機械製造
製造年 1926年 - 1938年
製造数 231両 + 02形からの改造車10両
引退 1982年
主要諸元
軸配置 2'C 1'h2
軌間 1,435 mm
全長 23,940 mm
機関車重量 108.9 t
動輪上重量 59.2 t
先輪 850 mm (01 001 - 101、233 - 242)
1,000 mm (01 102–232)
動輪径 2,000 mm
従輪径 1,250 mm
軸重 20.2 t
シリンダ
(直径×行程)
650 × 660 mm (01 001–010)
600 × 660 mm (01 012–232)
ボイラー 直径 2,000 mm
ボイラー圧力 16 bar
煙管長 5,800 mm 01 001–076
6,800 mm (01 077-)
大煙管数 129本 (01 001–076)
107本 (01 077-)
小煙管数 54本 (01 001–076)
70本 (01 077-)
火格子面積 4.41 m² (01 001–149, 233–242)
4.32 m² (01 150–232)
過熱伝熱面積 100.00 m² (01 001–076, 233–242)
85.00 m² (01 077–232)
全蒸発伝熱面積 237.56 m² (01 001–076, 233–242)
247.25 m² (01 077–149)
247.15 m² (01 150–232)
火室蒸発伝熱面積 17 m²
燃料搭載量 10.0 t 石炭
水タンク容量 30.0 / 32.0 / 34.0 m³
最高速度 120/130 km/h
後進 50 km/h
出力 1,648 kW
テンプレートを表示

ドイツ国鉄01形蒸気機関車(ドイツこくてつ01がたじょうききかんしゃ)は、ドイツ国鉄の急行旅客用制式蒸気機関車である。ドイツの鉄道統一後、最初に登場した標準型蒸気機関車となった。

UIC式で2'C1、ホワイト式では4-6-2アメリカ式で「パシフィック」の車軸配置を持つ。

標準化の目的は、維持費の削減にある。例えばベルリン所属の01形がドレスデンで故障しても、全国規模で機関、部品、装置の全ての生産が正確に統一されていれば、所属先の修理部品の到着を待つことなくドレスデン工場の部品が使える。このように、それは工場のための「標準化された」製品だった。

歴史[編集]

01 046。1938年
01 118の製造銘板

1926年から1938年の間に、AEGボルジッヒ、およびヘンシェルホーエンツォレルンクルップベルリン機械製造(BMAG=旧シュヴァルツコップ)により合計231両が製造された。

比較目的のために、本形式の10両は2気筒で、姉妹形である02形の10両は4気筒複式で造られた。大規模な測定と試験が行われ、長い議論の後、より強力で経済的な4気筒と比較して保守が容易な2気筒構成に決定された。

最初に営業投入された01形機関車は001号機でなく008号機であり、現在ボーフム=ダールハウゼン鉄道博物館で保存されている。1920年代には軸重20トン許容の路線も大型の転車台も多くなく、01形の大量生産は最初いくぶん遅れた。01形は1930年代の初めまでにドイツ国営鉄道の代表的な急行用機関車になり、1938年までに231両が優等急行列車運用に就いた。もう10両の01形(01 111、01 233-241)は、02形機関車の4気筒機構の2気筒への改造により1937年から1942年まで造られた。多くの路線での軸重規制は、1930年代初期に、第3の変形が造られた理由だった。03形は2気筒機関と18トンの軸重で設計され、298両造られた。1939年に、3気筒機関車も現われた。01形の更なる発展となる01.10形機関車だった。

途中小規模な設計変更を経て、合計5次にわたり製造された。これらは01 001 - 010(1926年)、01 012 - 076(1927年 - 1928年)、01 077 - 101(1930年 - 1931年)、01 102 - 190(1934年 - 1936年)、01 191 - 232(1937年 - 1938年)に分けられる。

1930年代に入っても、軸重20トンを許容できる軌道に改良された数少ない線区で使用された。ベルリンからはアンハルト、レールテとハンブルクへの路線で使われた。ベルリン市鉄道は、高架橋アーチを補強した。最初の90両は1930年までに、エッセン、ニュルンベルク、エルフルト P、ベルリン・アンハルター、ハム、マクデブルク中央駅、カッセル、ハノーファー、ハンブルク・アルトナ、ベブラ、オッフェンブルクの各機関区に配置された。

1931年からはフランクフルト・アム・マイン1、ベルリン・レアター、ブラウンシュヴァイク、ベルリン・ポツダム貨物駅、シュナイデミュール、ケーニヒスベルク、ゲッティンゲン P、パーダボルン、ドレスデン・アルトシュタット、ブレスラウ、ケルン・ドイツァーフェルト、ホーフ、ハレ Pの各機関区に配置された。

フランクフルト歴史鉄道の01 118
01 008の運転台

最高速度は当初120km/hに制限された。後に先輪の直径は01 102から当初の850mmから1,000mmに変更、ブレーキ装置も動輪を両押しに変更、従輪にも追加設置することで、130km/hへ向上した。

空気圧縮機と給水ポンプは01 077から設けられた大形のワグナー式除煙板の背後、煙室のくぼみに位置した(他は、後で元の除煙板をワグナー式と取り替えた)。これはポンプ等の保守が困難になり、後の制式機関車は製造に際して車両の中央部にポンプ等を設置した。ドイツ連邦鉄道ではより小さなヴィッテ式除煙板に変えて、ポンプを車両の中心の歩み板の方へ移動した。ドイツ民主共和国(東ドイツ)のドイツ国営鉄道はそのような荷重分布の大きな変化を避け、後年でも外観上小さな修正が見られるだけである。

第3次車(01 077 - )からボイラーの煙管は延長され火室は短縮された。すべての機関車は、当初煙室扉の中心に錠を備えていた。 初期の機関車はガスライトを使用していたが、01 010からは電気ライトを使用した。そして後期の数ロットには3つのヘッドライトが装備された。

炭水車は2'2 T 30、2'2' T 32、または2'2' T 34の各形式が用いられた。石炭はいずれも10t、水はそれぞれ30、32または34m3積載できた。大きな転車台が十分になかったので、試作機(01 001 - 010)は2'2 T 30炭水車と組み合わされた。後になるとこの炭水車は、絶対に必要な場合、例えばオランダ国境を越えた運用で使われただけであった。第2次(01 012 - )から、01形は、リベット組み立ての2'2' T 32炭水車を備えた。溶接の炭水車(2'2' T 34)は他の(主に新しい44形の)機関車との交換で用いられた。水容量が大きかったので、その後、戦時中と第二次世界大戦後はほとんどこれが利用された。

西ドイツでは1973年の運用を最後に引退したが、東ドイツでは1980年代初頭の時点でも大きな除煙板が残るなど原型に近い状態で稼動していた。1977年秋まで急行列車をベルリン-ドレスデン路線で引いていた最後の年代には、伝説的機関車になっていた。ソビエト連邦からの大形の132形ディーゼル機関車の出現により、登場から約50年を経過した01形は、東ドイツの定期列車からも最終的に引退した。なお、1988年には東西ドイツ国境のマリエンボルンからポーランドクトノ英語版までオリエント・エクスプレス'88を重連で牽引している(オリエント・エクスプレス '88も参照)。

ドイツを代表する旅客用蒸気機関車で、精悍なスタイルと大きな赤いスポーク動輪から日本にも愛好者が存在した。ドイツ鉄道のファンでもあった哲学者の篠原正瑛は、東京の宝町で自らが経営していた喫茶店に「ゼロイチ」と名付け、本形式の動輪1対を店内に飾っていた。篠原の没後、ドイツ鉄道に関するコレクションは交通博物館に寄贈され、その後身である鉄道博物館に引き継がれた。動輪は開館当初は展示されていなかったが、2009年3月24日より鉄道博物館駅との間のプロムナードに(日本の鉄道車両の車輪と並べる形で)展示されている[1]

脚注[編集]

  1. ^ 鉄道博物館の展示物が新しくなりました! - 鉄道博物館2009年3月30日(PDF形式)

関連項目[編集]