松浦健人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松浦健人
生誕 (1994-03-29) 1994年3月29日(25歳)
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2015年-
ジャンル 少年漫画
受賞 第99回トレジャー新人漫画賞佳作
(『ギゾク屋ケルベロス』)
テンプレートを表示

松浦健人(まつうら けんと、1994年3月29日[1] - )は、日本漫画家

経歴[編集]

21歳のとき広島県から第99回(2015年9月期)JUMPトレジャー新人漫画賞(審査員:古味直志)に『ギゾク屋ケルベロス』を投稿して佳作を受賞した[2]

ジャンプGIGA』(集英社)2017 vol.4に作画を担当した読切『ミイラ伍式』(原作:後藤冬吾)を掲載し、デビューを果たす。

『ジャンプGIGA』2018 WINTER vol.1 - 3に作画担当で『水球どんぶらこ』(原作:後藤)を短期連載した。

第13回(2018年年度)金未来杯に『週刊少年ジャンプ』(集英社)2018年39号に作画を担当した読切『仄見える少年』(原作:後藤)を掲載し、グランプリを受賞する。

『週刊少年ジャンプ』2019年27号より作画担当で『トーキョー忍スクワッド』(原作:田中勇輝)を連載中。

作品[編集]

  • 『プロローグ』 - 読切。2015年2月期JUMPトレジャー新人漫画賞最終候補
  • ギゾク屋ケルベロス』 - 読切。第99回(2015年9月期)JUMPトレジャー新人漫画賞(審査員:古味直志)佳作
  • 『ミイラ伍式』 - 読切。デビュー作。作画担当(原作:後藤冬吾)。『ジャンプGIGA』(集英社)2017 vol.4掲載
  • 『水球どんぶらこ』 - 作画担当(原作:後藤)。『ジャンプGIGA』2018 WINTER vol1 - 3連載
  • 『仄見える少年』 - 読切。作画担当(原作:後藤)。『週刊少年ジャンプ』2018年39号掲載。第13回金未来杯受賞
  • 『トーキョー忍スクワッド』 - 作画担当(原作:田中勇輝)。『週刊少年ジャンプ』2019年27号 - 連載中

人物[編集]

趣味は「おもちゃ・フィギュアを集めて遊ぶor眺める」。好きな漫画は『ONE PIECE』・『NARUTO-ナルト-』・『トライガン』・『無限の住人[1]広島東洋カープのファン[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『ジャンプGIGA』2017 vol.4 330ページ。
  2. ^ トレジャー新人漫画賞受賞作2019年9月16日閲覧
  3. ^ 公式Twitter 2017年10月24日2019年9月16日閲覧

外部リンク[編集]