トリブロモイソシアヌル酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トリブロモイソシアヌル酸
識別情報
CAS登録番号 17497-85-7
特性
化学式 C3Br3N3O3
モル質量 366 g/mol
外観 無色の固体
沸点

分解

硫酸への溶解度 可溶
構造
配位構造 平面型
双極子モーメント 0 D
危険性
主な危険性 肺に対して刺激性
引火点 NA
関連する物質
関連物質 シアヌル酸臭化物
ジブロモイソシアヌル酸
トリクロロイソシアヌル酸
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

トリブロモイソシアヌル酸(tribromoisocyanuric acid)は、有機合成化学においてブロモ化剤として使われる化合物である[1]。白色の結晶性粉末で、強い臭素臭を持つ。性質はトリクロロイソシアヌル酸に似ている。

用途[編集]

芳香族化合物またはアルケン類のブロモ化に使われる。

関連項目[編集]


出典[編集]

  1. ^ A New Regioselective Bromination of Activated Aromatic Rings, Almeida, L. S. de; Esteves, P. M.; Mattos, M. C. S. Synthesis 2006, No 2 , 221-223. (http://www.thieme-connect.com/ejournals/pdf/synthesis/doi/10.1055/s-2005-918511.pdf)