トリニダード・ガバメント鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トリニダード・ガバメント鉄道
概要
現地表記 Trinidad Government Railway
現況 廃止
所在地 トリニダード・トバゴの旗 トリニダード・トバゴ
トリニダード島
起終点 ポート・オブ・スペイン
シパリア英語版
駅数 10駅
路線 1路線(支線含む)
運営
開業 1876年(ポート・オブ・スペイン - アリマ間)
延伸 1880年(クーバ)
1882年(サン・フェルナンド)
1897年(サングレ・グランデ)
1898年(タバキテ)
1913年(シパリア)
最終延伸 1914年(リオ・クラロ)
廃止 1968年12月28日
路線諸元
路線総延長 173 km (107 mi)(当初)
約640 km (400 mi)(最大)
軌間 1,435 mm (4 ft 8 12 in)
テンプレートを表示

トリニダード・ガバメント鉄道(トリニダードガバメントてつどう、: Trinidad Government Railway)は、かつて1876年から1968年12月28日にかけてトリニダード・トバゴトリニダード島にあった鉄道である。

当鉄道は当初、アリマ英語版 (Arima) とポート・オブ・スペイン (Port of Spain) を結ぶために敷設されたものであり、1880年クーバ英語版 (Couva) 、1882年サン・フェルナンド (San Fernando) 、1897年にクナポ (Cunapo) (現・サングレ・グランデ英語版 (Sangre Grande) )、1898年タバキテ英語版 (Tabaquite) 、1913年シパリア英語版 (Siparia) 、1914年リオ・クラロ英語版 (Rio Claro) へと順次延伸されていった。

背景[編集]

トリニダード島の鉄道路線図(1925年)

トリニダード・レイルウェイ・カンパニー (Trinidad Railway Company) による、1846年の鉄道設立への最初の試みは私事であった[1]

概要[編集]

この時、当鉄道は最大となる範囲の173キロメートル (107 mi)に及んでいた[2]

第一次世界大戦の終戦後、自動車の出現によって1953年4月の当鉄道の段階的な廃止とともに自動車全盛への転換に繋がっており、そして1968年12月28日のトリニダード・ガバメント鉄道の完全な廃止を見た。

統計[編集]

トリニダード・ガバメント鉄道は、640営業キロメートルを有しているようであり、標準ゲージ (1,435 mm (4 ft 8 12 in)) であった[3]

駅一覧[編集]

主要な終点および分岐点は、以下の通り。

新たな鉄道[編集]

2008年4月11日に、2つの新しいトリニダード・ラピッド鉄道 (Trinidad Rapid Railway) の旅客路線を計画および敷設するために、トリニトレイン (Trinitrain) 協会が選ばれている。 2010年に、この計画はキャンセルされた[4]

脚注[編集]

  1. ^ History”. Public Transport Service Corporation on. 2013年10月20日閲覧。
  2. ^ Anthony, Michael英語版 (2001). Historical Dictionary of Trinidad and Tobago. Scarecrow Press, Inc. Lanham, Md., and London. ISBN 0-8108-3173-2. 
  3. ^ Railroad Gauge Width”. Parovoz.com. 2010年1月12日閲覧。
  4. ^ “Trinidad rapid rail consortium confirmed”. Railway Gazette International. (2008年4月11日). http://www.railwaygazette.com/news/single-view/view//trinidad-rapid-rail-consortium-confirmed.html