トリス(8-キノリノラト)アルミニウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トリス(8-キノリノラト)アルミニウム
識別情報
CAS登録番号 2085-33-8 チェック
特性
化学式 C27H18AlN3O3
モル質量 459.43
外観 黄色粉末
融点

> 300 ℃

への溶解度 水に不溶
アルコールクロロホルムに可溶
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

トリス(8-キノリノラト)アルミニウム (tris(8-hydroxyquinolinato)aluminium) は、アルミニウム金属と3つの8-キノリノール配位子の二座配位による錯体であり、有機ELパネルの発光材料である。一般にAlq3と略され、mer体とfac体の幾何異性体が知られている[1]。 この化合物は8-キノリノールとアルミニウム(III)との反応によって得られる[2]

Al3+ + 3 C9H6NOH → Al(C9H6NO)3 + 3 H+

Alq3は最初の有機EL (OLED) デバイスの素子として知られており[3]キノリン環に様々な置換基を導入した化合物のルミネッセンス特性が広く研究されている[4]

脚注[編集]

  1. ^ Michael Cölle, Robert E. Dinnebier and Wolfgang Brütting "The structure of the blue luminescent -phase of tris(8-hydroxyquinoline)aluminium(III) (Alq3)" Chemical Communications 2002, pp. 2908-9. doi:10.1039/b209164j
  2. ^ Katakura, R.; Koide, Y. “Configuration-Specific Synthesis of the Facial and Meridional Isomers of Tris(8-hydroxyquinolinate)aluminum (Alq3)” Inorganic Chemistry 2006 volume 45,pp 5730-5732. doi:10.1021/ic060594s
  3. ^ C. W. Tang, S. A. VanSlyke, "Organic electroluminescent diodes", Appl. Phys. Lett. 1987, 51, 913. doi:10.1063/1.98799
  4. ^ Victor A. Montes, Radek Pohl, Joseph Shinar, Pavel Anzenbacher Jr. "Effective Manipulation of the Electronic Effects and Its Influence on the Emission of 5-Substituted Tris(8-quinolinolate) Aluminum(III) Complexes" Chemistry - A European Journal 2006, Volume 12, pp. p 4523-4535. doi:10.1002/chem.200501403