トリコロール/白の愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トリコロール/白の愛
Trzy kolory: Bialy
監督 クシシュトフ・キェシロフスキ
脚本 クシシュトフ・ピエシェヴィッチ
クシシュトフ・キェシロフスキ
製作 マラン・カルミッツ
出演者 ズビグニェフ・ザマホフスキ
ジュリー・デルピー
音楽 ズビグニエフ・プレイスネル
撮影 エドワード・クロシンスキー
編集 Urszula Lesiak
公開 フランスの旗 1994年1月26日
日本の旗 1994年8月20日
上映時間 91分
製作国 フランスの旗 フランス
ポーランドの旗 ポーランド
スイスの旗 スイス
言語 フランス語
ポーランド語
テンプレートを表示

トリコロール/白の愛』(Trois couleurs: Blanc / Trzy kolory: Biały)は、1994年製作の映画。クシシュトフ・キェシロフスキ監督による「トリコロール」3部作の2作目。

フランスでは1994年1月26日に公開された。日本では同年8月20日からBunkamura ル・シネマにて公開された。

1994年2月の第44回ベルリン国際映画祭では監督賞を受賞した。

トリコロール」3部作は、それぞれの作品が「自由(青)・平等(白)・博愛(赤)」を象徴しており、本作は「愛の平等」をテーマとしている。3部作中で唯一、男性を主人公としており、他2作とは異なる喜劇タッチの作品となっている。

ストーリー[編集]

ポーランド人理髪師のカロル(ズビグニェフ・ザマホフスキ)は、フランス人の妻・ドミニク(ジュリー・デルピー)から性的不能を理由に離婚を付きつけられる。フランス語もろくに話せず、異国で途方に暮れていたカロルは、偶然知り合った同郷の怪しげな男・ミコワイの手引きで、何とか故郷ポーランドに帰りつく。兄のもとに身を寄せたカロルは一念発起、実業家として成功する。そんな時、ミコワイから「ある男」の暗殺依頼が。時同じくしてカロルは、可愛さ余って憎さ100倍の元妻・ドミニクに対してある復讐を企てた。

キャスト[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]