トマス・アダムス (連合規約署名者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

トーマス・アダムス(Thomas Adams、1730年1788年8月)は、バージニア植民地バージニア州政治家実業家

アダムスは、1730年にバージニア植民地のニューケント郡に生まれた。政治家としての経歴の第一歩は、ヘンライコ郡の事務官であったが、後にはバージニア植民地立法府下院 (The Virginia House of Burgesses) の議員となった[1]。アダムスは、イングランドに幅広く様々な事業上の権益をもっており、その関係で1763年にイングランドへ赴いていたが、アメリカ合衆国の独立の動きが始まる前にバージニアに戻ってきた。1774年、アダムスはニューケント郡の安全委員会の委員長となり、同年5月27日バージニア規約英語版に署名した。

アダムスは、1778年1779年(第2次)大陸会議にヴァージニア代表として選ばれ、連合規約に署名したひとりとなった[2]。また、1783年から1786年まで、バージニア州議会上院英語版議員に選出されていた。1788年8月、アダムスはバージニア州オーガスタ郡にある自分の所有地「カウパスチャー (Cowpasture)」で死去した[1]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

  • United States Congress. "トマス・アダムス (id: A000049)". Biographical Directory of the United States Congress.