トゥールーズ天文台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
使用法はTemplate:Infobox 天文台を参照
Observatoire de Toulouse.jpg
所在地 フランストゥールーズ
座標
開設 1733年, 1841年, 1981年
テンプレートを表示

トゥールーズ天文台(Observatoire de Toulouse)は、1733年に設立されたフランストゥールーズにある天文台である[1]

l'Academie des Sciences, Inscriptions et Belles-Lettres de Toulouseによって設立され、1841年と1981年に移設された[2]

1987年、トゥールーズ天文台のGenevieve Soucailらは、Abell 370が青い環状の構造を持つことを示すデータを得て、これを重力レンズ効果であるとする解釈を提案した[3]

1990年代には、他の組織と合同でカナダ・フランス・ハワイ望遠鏡の開発に取り組んだ[4]

所長[編集]

フェリックス・チスランは、1873年から1878年まで務めた有名な所長である。彼はRecueil d'exercices sur le calcul infinitesimalを出版し、1874年に日本を訪れる等、何度かの遠征調査を行った。アンリ・J・ペロタンはチスランの助手で、彼らは1878年にパリ天文台に移った。ティスランの後はバンジャマン・バイヨーが継いだ。

所長 生年 在職
Frederic Petit 1810?1865 1838?1865
Theodore Despeyrous 1815?1883 1865?1866
Pierre Daguin 1814?1884 1866?1870
フェリックス・チスラン 1845?1896 1873?1878
バンジャマン・バイヨー 1848?1934 1878?1907
ウジェーヌ・コセラ 1866?1931 1908?1931
Emile Paloque 1891?1982 1931?1960
Roger Bouigues 1920?  1961?1971
Jean Rosch 1915?1999 1971?1981

望遠鏡[編集]

天文台は、多くの望遠鏡を用いてきた。例えば、83cm口径の反射望遠鏡は、1875年に設置された。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ MSN Encarta "Toulouse" "Toulouse," Microsoft Encarta Online Encyclopedia 2008 http://encarta.msn.com c 1997?2008 Microsoft Corporation. All Rights Reserved.
  2. ^ Observatory_of_Toulouse speedylook.com
  3. ^ Soucail, G.; Mellier, Y.; Fort, B.; Mathez, G.; Hammer, F. (October 1987). "Further data on the blue ring-like structure in A 370". Astronomy and Astrophysics 184 (1-2): L7?L9. Bibcode:1987A&A...184L...7S. ISSN 0004-6361. 
  4. ^ MEGACAM: A Status Report Derrick Salmon, CFHT

外部リンク[編集]

関連文献[編集]