アンリ・J・ペロタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アンリ・J・ペロタン(Henri Joseph Anastase(またはAthanase) Perrotin、 1845年12月19日 - 1904年2月29日)はフランスの天文学者。

始め ギヨーム・ビゴルダンと共に、トゥルーズ天文台でフェリックス・ティスラン の助手を務めた。1884年から没するまで、ニース天文台の所長を務めた。火星を観測し、金星の自転周期を求めようとした。小惑星(4)ベスタの軌道をの摂動を計算した。

火星のクレータと小惑星(1515) ペロタンがペロタンの功績から命名されている。

発見した小惑星: 6
(138) トロサ 1874年5月19日
(149) メデューサ 1875年9月21日
(163) エリゴネ 1876年4月26日
(170) マリア 1877年1月10日
(180) ガルムナ 1878年1月29日
(252) クレメンティナ 1885年10月11日

外部リンク[編集]