トゥラン (エトルリア神話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

トゥランTuran)はエトルリア神話においての愛と活力の女神で、ヴェルク(Velch)市の守護者である。美術において、通常は若い翼のある少女として描写されている[1]ローマ神話ウェヌスおよびギリシア神話アプロディーテーに相当する女神とされる。

一般に鵞鳥白鳥などの卵を産んでいる鳥と関連付けされる[2]。従者はラサス(Lasas)と呼ばれた。トゥランはかなり古くから信仰されていたと思われるが、ピアチェンツァの肝臓Liver of Piacenza)にもエトルリアの神々について書かれたマルティアヌスMartianus)のリストにも記載が無い。7月のエトルリア語名は彼女にちなんで名づけられているが、現在はそのラテン語形トラネウス(Traneus)を知るのみとなる[3]

脚注[編集]

  1. ^ e.g. N. H. Ramage and A. Ramage, Roman Art, Upper Saddle River, 1996: fig. 1.39
  2. ^ de Grummond, Etruscan Myth, Sacred History and Legend, page 85
  3. ^ de Grummond, Etruscan Myth, Sacred History and Legend, page 86