トゥゴルカン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

トゥゴルカンロシア語: Тугоркан1028年 - 1096年7月29日)は、ポロヴェツ族ハンである。ボニャークの僚友的な存在であり、ボニャークと共に、西ポロヴェツの複数のオルダを統合した。

生涯[編集]

史料へのもっとも早い言及はボニャーク同様、東ローマ帝国の皇女アンナの著述の中に見出される。このとき、ペチェネグ族が東ローマの統治するバルカン半島に侵入していた。1091年、東ローマ皇帝アレクシオス1世コムネノスの召集に応じたトゥゴルカンとボニャークは、軍勢を率いて東ローマの救援に赴いた[1]。しかし東ローマ軍・ポロヴェツ軍は互いに信頼しておらず、おそらく、ペチェネグ族との会戦(レヴニオンの戦い(ru)[注 1])は、勝利したものの大混乱のうちに終わったと思われる。また、この会戦で東ローマ軍は、多くのペチェネグ族のオルダを破壊し、多数の捕虜を殺した[2]。同盟者のこの残忍な行為におびえたポロヴェツ軍は、ドニエプル川流域のステップへと帰還した。

1093年、ボニャークと連合し、キエフ大公スヴャトポルク2世に対する遠征を行い、勝利した[3]。完全敗北に終わったスヴャトポルクは、1094年の和平条約で、トゥゴルカンの娘を妻とすることになった[4]

1095年、ボニャークと共に東ローマへの遠征軍を派遣した[5]が、失敗に終わった。派遣した多くのポロヴェツ軍は死亡し、全ての戦利品は、東ローマ帝国軍の追撃によって奪い返された。

1096年オレグスヴャトスラフの子たちの引き起こしたルーシ諸公の内戦クリャと共に参戦し、5月31日[注 2]ペレヤスラヴリを包囲した[7]。しかし、スヴャトポルク2世とウラジーミル・モノマフの従士隊(ドルジーナ)の接近に気づかず、7月19日にポロヴェツ軍は撃破された[8]。このトルベジュ川の戦いで、トゥゴルカンは息子と共に戦死した。スヴャトポルクは、戦場から義父の遺体を見つけだすことを自分の義務と受け止め、ペレストヴォの近くに遺体を埋葬した[8]

伝承の中のトゥゴルカン[編集]

ルーシの年代記において、トゥゴルカンの名は、ボニャークと同様に、特別な嫌悪を込めて言及されている[注 3]。伝承の中では、ルーシに対する悪意ある敵のように語られている。またブィリーナによって、トゥガーリンまたはトゥガーリン・ズメエヴィチという名の下に語られていた。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ レヴニオンはロシア語表記Левунионの日本語転写による。
  2. ^ 『原初年代記』の記事を所収するイパーチー写本ヴォスクレセンスカヤ写本では31日[6]ラヴレンチー写本では30日となっている[7]
  3. ^ 『原書年代記』ラヴレンチー写本には、ボニャークに対し「神を恐れない疥癬やみの略奪者」[9]という表現がある。

出典[編集]

  1. ^ 國本哲男『ロシア原初年代記』500-501頁
  2. ^ Величко А. М. История византийских императоров. Т. 4. М., 2009. С. 431.
  3. ^ 國本哲男『ロシア原初年代記』240-243頁
  4. ^ 國本哲男『ロシア原初年代記』247頁
  5. ^ 國本哲男『ロシア原初年代記』248頁
  6. ^ 國本哲男『ロシア原初年代記』504頁
  7. ^ a b 國本哲男『ロシア原初年代記』251頁
  8. ^ a b 國本哲男『ロシア原初年代記』252頁
  9. ^ 國本哲男『ロシア原初年代記』252頁より引用。

参考文献[編集]

  • С. А. Плетнёва Половцы — М., «Наука», 1990
  • 國本哲男他訳 『ロシア原初年代記』 名古屋大学出版会、1987年。