デルス・ウザーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デルス・ウザーラ
Дерсу Узала
監督 黒澤明
脚本 黒澤明
ユーリー・ナギービン
井手雅人(ノン・クレジット)
原作 ウラジミール・アルセーニェフ
製作 ニコライ・シゾフ
松江陽一
出演者 ユーリー・サローミン
音楽 イサーク・シュワルツ
撮影 中井朝一
ユーリー・ガントマン
フョードル・ドブロヌラーボフ
編集 リュドミラ・フェイギノヴァ
配給 日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 日本の旗 1975年8月2日
ソビエト連邦の旗 1976年1月5日
上映時間 141分
製作国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
日本の旗 日本
言語 ロシア語
中国語
テンプレートを表示

デルス・ウザーラ』(ロシア語: Дерсу Узала英語: Dersu Uzala)は、1975年公開の黒澤明監督によるソ連日本の合作映画である。

この映画は1902年から10年のシベリア沿海地方シホテ・アリン地方を舞台にしており、1923年に同タイトル「デルス・ウザラ」で出版されたロシア探検家ウラディミール・アルセーニエフによる探検記録[1]に基づいている。

「原始的であるはず」のデルス・ウザーラの生き方は、結果的に「文明化された」ロシア人に、人生の意味などの興味深いことを数多く、シンプルかつ的確に示唆した。

ストーリー[編集]

ロシア人探検家(作者)のアルセーニエフは、当時ロシアにとって地図上の空白地帯だったシホテ・アリン地方の地図製作の命を政府から受け、探検隊を率いることとなった。先住民ゴリド(現ロシア名:ナナイ)族の猟師デルス・ウザーラが、ガイドとして彼らに同行することになる。シベリアの広大な風景を背景に、2人の交流を描く。

キャスト[編集]

当初アルセーニエフは三船敏郎、ウザーラは志村喬という、黒澤映画の黄金コンビも想定されていた。完成作品でもルックスや役柄に2人の影響が見られる。

  • アルセーニエフ - ユーリー・ソローミン
  • デルス・ウザーラ - マクシム・ムンズク
  • スベトラーナ・ダニエルチェンコ

エピソード[編集]

  • オリジナルは映像65mm、音声4ch磁気ステレオ録音であったが、費用の問題からか、日本国内で実際に上映されたのは35mm、光学録音のプリントである。
  • ソ連側のスタッフ70名、ソ連兵30名、日本側スタッフ5名。前作の『どですかでん』の興行不振による資金難のなかで、日本側スタッフはエコノミークラスの空路で11時間をかけてソ連に渡った。
  • 登場するトラは当初、サーカスから借りた調教されたものが予定されていたが、黒澤の「目が死んでいるね。野生トラでないとダメだよ」との要求をソ連側が受け入れ、シベリアで野生のトラが捕獲された。だが野生であることから、撮影は黒澤の思うようにはいかなかった。そのため野生のトラはごく一部のみの使用で、大部分はサーカスから借りたトラでの撮影となった。
  • 当時のソ連は計画経済であり、撮影カットにもノルマが課せられた。
  • 当初の脚本に「悪い中国人が、獣を乱獲している」という台詞があった。当時、中ソ関係国境問題や社会主義路線の違いにより険悪になっていたために、中国を刺激しないように結局、脚本は「悪い商人が」に書き換えられた。
  • 黒澤映画で「スタッフ・キャストの表示がOPはごく一部で、ラストで全てをクレジットする」フォーマットが使われた、初の作品である。
  • 1976年6月2日‐9日に前後編で、日本テレビ水曜ロードショー」で「黒沢明アカデミー賞記念 七人の侍」が放送された。
  • 三船敏郎の長男である史郎によると、黒澤が撮影でモスクワに滞在中、三船は陣中見舞いに訪ねたという。三船は黒澤に、「ちょい役でもいいから出してほしい」というと、「三船ちゃんをちょい役では出せないよ」と黒澤にいわれたという。

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 原作訳書は、『デルスウ・ウザーラ』 長谷川四郎訳、平凡社東洋文庫(初版は公開と同時期)。『デルス・ウザラ』 安岡治子訳、小学館〈地球人ライブラリー〉、2001年。

外部リンク[編集]