デイヴィッド・カープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デイヴィッド・カープ
David Karp
David Karp EBE09 (cropped).jpg
生誕 (1986-07-06) 1986年7月6日(30歳)
アメリカ合衆国の旗 ニューヨーク ニューヨーク
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校 ブロンクス科学高校英語版中退
職業 起業家
純資産 推定2億ドル(約230億円)

デイヴィッド・カープ英語: David Karp1986年7月6日 - )は、アメリカ合衆国プログラマ実業家。マイクロブログサービス「Tumblr」の創業者として知られる[1]

キャリア[編集]

11歳からHTMLを学び始め、間も無くビジネス向けのウェブサイトを立ち上げた。14歳でフレッド・セイバートが設立したアニメーションスタジオのフレドレター・スタジオのプロデューサーの元でインターンとして働き始める。[2]

フレドスターの同僚からの勧めで、16歳の時に子育てサイトのUrbanBabyの製品責任者に転職、同社の創業者ジョン・ロマニーからUrbanBabyの株式の一部を付与されている。17歳の時に彼は単身で東京へ渡り5ヶ月に渡って生活していた。仕事はこれまで通り続けており、UrbanBabyがカープがニューヨークにいないことに気付いたのは東京へ渡ってから3ヶ月後のことだった。[3]

2006年7月、カープが20歳になって間も無くライフスタイル分野の拡大を目指していたCNETにUrbanBabyが買収されると同社を退社。UrbanBaby買収で売却した株式の売却益を使って、ソフトウェアコンサルティング会社のDavidvilleを設立、カープがクレイグリストに出した広告を見たマルコ・アーメント(後のInstapaper創業者)がエンジニアとして入社する。カープは当時、「タンブログ」と呼ばれる短い形式のブログに興味を持っていた。だが、1年を過ぎても誰もタンブログ・サービスを作っておらず、カープはアーメントと共に2週間を掛けて独自のタンブログ・プラットフォームの開発を開始する。2007年2月にTumblrとして開始され、最初の2週間で7万5000人を超えるユーザーを獲得する。[4]

2007年10月にTumblrが忙しくなるとコンサルティングの仕事が十分に出来なくなり、コンサルティング業務を停止し、社名をDavidvilleからTumblrへと改めた。[5]

2013年5月20日、Yahoo!がTumblrを11億ドルで買収すると発表。カープはCEOとして引き続き指揮をとる。[6]

私生活[編集]

2016年のアメリカ大統領選ではヒラリー・クリントンへの支持を表明した。[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]