ディミトリオス・ゴレミス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ディミトリオス・ゴレミス Portal:陸上競技
Golemis Dimitrios 6173.JPG
ディミトリオス・ゴレミスの胸像
選手情報
フルネーム ディミトリオス・ゴレミス
国籍 ギリシャの旗 ギリシャ
種目 中距離走
所属 Athlitikos Omilos Athinon
生年月日 (1874-11-15) 1874年11月15日
生誕地 ギリシャレフカダ島
没年月日 (1941-01-09) 1941年1月9日(66歳没)
 
獲得メダル
ギリシャの旗 ギリシャ
陸上競技
オリンピック
1896 アテネ 800m
編集 テンプレートのヘルプを表示する

ディミトリオス・ゴレミスDimitrios またはDemetrius P. Golemis, : Δημήτριος Γολέμης, 1874年11月15日 - 1941年1月9日)は、ギリシャ陸上競技選手である。彼は、1896年に開催されたアテネオリンピックに出場して、800メートル競走で3位となった[1]

経歴[編集]

ディミトリオス・ゴレミスは、1874年にギリシャ西岸のイオニア諸島に属するレフカダ島で生まれた。

アテネオリンピックで彼は、800メートル競走と1500メートル競走に出場した。

4月9日に行われた800メートル走で、ゴレミスは予選2組でフランスアルバン・レムゾー[2] に続いて2位となり、決勝レースに臨んだ。決勝ではオーストラリアエドウィン・フラックハンガリーダーニ・ナーンドルに続いて3位となった[3]

ゴレミスは4月7日に行われた1500メートル競走にも出場したが、5位以下に終わった[4]

脚注[編集]

  1. ^ 第1回アテネオリンピックでは3位の選手にはメダルは贈られなかったが、獲得メダルの表示は、便宜上第2回オリンピック以降と同様の表示を用いている。
  2. ^ レムゾーは、翌日行われたマラソンに出場するため800メートル決勝を棄権している。なお、800メートルの予選敗退者の中には、この大会のテニス男子ダブルス競技で金メダルを獲得したフリードリヒ・トラウンが含まれていた。
  3. ^ レムゾーが棄権した結果、800メートル競走の決勝レースは3人のみでの争いだった。
  4. ^ 1500メートル競走は決勝レースのみで行われ、8人が出場した。4位に入ったドイツの選手Carl Galleよりも後にゴールしたギリシャ選手4名の順位と記録は不明である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]