ディット・クラッパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ディット・クラッパーAubrey Victor "Dit" Clapper1907年2月9日- 1978年1月21日)はカナダオンタリオ州ニューマーケット生まれのプロ・アイスホッケー選手である。NHLでは通算20シーズンボストン・ブルーインズに在籍し、右ウイング及びディフェンスとして両ポジションでオールスター出場を果すなどの活躍をした。特例的に3年の待機期間を待たずして、1947年の引退したその日にホッケーの殿堂入りを果すとともに、その背番号5は、ブルーインズの永久欠番となった。

来歴[編集]

クラッパーは、幼い頃は両親にヴィクと呼ばれていたが、幼い頃自分のことをディットとしか発音できずこれがそのまま愛称となったといわれる。

1927年19歳でNHLのボストン・ブルーインズ入りすると最初の11年間は右ウイングとして活躍する。クラッパーが、センター"Cooney" Weiland 、左ウイング"Dutch" Gainor とともに組んだ攻撃ラインは、その破壊力から「ダイナマイト・トリオ (Dnamite Trio) 」と呼ばれた。加入後2年目の1928-1929シーズンにはスタンレー・カップ優勝を初体験している。その翌シーズンは44試合で41ゴール、20アシスト(ポイント数で同シーズンNHL第3位)と大当たりを見せた。

1938-1939シーズンからは、その恵まれた体(6フィート2インチ、195ポンド)を活かし、ディフェンスにポジションを変えたが、果たしてこのシーズンは自身2度目のスタンレー・カップ優勝を経験することとなり、この後3年連続でオールスター第1チームに選抜されるなどの活躍を見せた。当時のブルーインズは、ライオネル・ヒッチマン (Lionel Hitchman) やエディ・ショア (Eddie Shore) らに代表されるようにラフなプレースタイルを身上としていたが、クラッパーは通常はそれほど粗暴なプレーは行わず、乱闘の仲裁役を買って出たことも度々であった。ただし、一度怒らせると手がつけられない側面もあったといわれる。

例えば、1936年のプレイオフでは味方チームの新人がモントリオール・マルーンズの選手にスティックの先で突かれると(ホッケーではbutt-endという反則となる。)、クラッパーは報復のためこの選手に殴りかかった。これを見かねた若い審判が、クラッパーご自慢の整髪された後ろ髪を引っ張り、あまつさえクラッパーの母親を侮辱する捨て台詞を発した。そして激怒したクラッパーはついにこの審判を殴り倒してしまう。

この若い審判こそ10年後にNHLの会長となるクラレンス・キャンベルであった。キャンベルは自らの行為を反省し、公式な謝罪を行ったため、当時の会長フランク・カルダーの裁定により、クラッパーが100ドルの罰金を支払うことでこの事件は解決した。

1940-1941シーズンには、自身3度目となるスタンレー・カップ優勝(準優勝は、デトロイト・レッドウイングス)を経験する。

引退時のNHL在籍年数20年は、当時の最長在籍記録であった(なお、奇しくも引退の年、後にやはりNHLで長期にわたって活躍することとなるミスター・ホッケー、ゴーディ・ハウがプロ入りしている。)。

またブルーインズでは、コーチに就任する前まで、1932-33シーズンからチームキャプテンを務め、その在任期間はレイ・ボーク及びスティーブ・アイザーマンが登場するまでNHL最長を誇った。また引退前の2シーズンは、ブルーインズ GM のアート・ロスの命により選手とコーチを兼任し、さらに引退後も引き続き2シーズンに渡ってコーチを務めた。しかし、かつてのチームメート達を時には辛い目にあわせなければいけない役割に苦しみ、1949年4月にコーチを辞任した。クラッパーはその人柄からか、選手達に愛され指導方法も優れていたので、そのコーチ在任中ブルーインズは地区3位を下回ることはなかった。

アイスホッケーを題材にしたカルト映画『スラップ・ショット』(1977年)において、トー・ブレイク (Toe Blake) とともに、いにしえのホッケー界を象徴する選手例として言及されたこともあり、まさに1930年代から1940年代を代表するスター選手であった。

受賞歴等[編集]

  • オールスター第1チーム選抜(ディフェンス): (1939年、1940年、1941年)
  • オールスター第2チーム選抜(ディフェンス): (1944年)
  • オールスター第2チーム選抜(右ウイング): (1931年、1935年)
  • オールスター出場(1937年、1939年)

生涯成績[編集]

    レギュラーシーズン   プレイオフ
シーズン チーム リーグ GP G A Pts PIM GP G A Pts PIM
1927-28 ボストン・ブルーインズ NHL 40 4 1 5 20 2 0 0 0 2
1928-29 ボストン・ブルーインズ NHL 40 9 2 11 48 5 1 0 1 0
1929-30 ボストン・ブルーインズ NHL 44 41 20 61 48 6 4 0 4 4
1930-31 ボストン・ブルーインズ NHL 43 22 8 30 50 5 2 4 6 4
1931-32 ボストン・ブルーインズ NHL 48 17 22 39 21 - - - - -
1932-33 ボストン・ブルーインズ NHL 48 14 14 28 42 5 1 1 2 2
1933-34 ボストン・ブルーインズ NHL 48 10 12 22 6 - - - - -
1934-35 ボストン・ブルーインズ NHL 48 21 16 37 21 3 1 0 1 0
1935-36 ボストン・ブルーインズ NHL 44 12 13 25 14 2 0 1 1 0
1936-37 ボストン・ブルーインズ NHL 48 17 8 25 25 3 2 0 2 5
1937-38 ボストン・ブルーインズ NHL 46 6 9 15 24 3 0 0 0 12
1938-39 ボストン・ブルーインズ NHL 42 13 13 26 22 12 0 1 1 6
1939-40 ボストン・ブルーインズ NHL 44 10 18 28 25 5 0 2 2 2
1940-41 ボストン・ブルーインズ NHL 48 8 18 26 24 11 0 5 5 4
1941-42 ボストン・ブルーインズ NHL 32 3 12 15 31 - - - - -
1942-43 ボストン・ブルーインズ NHL 38 5 18 23 12 9 2 3 5 9
1943-44 ボストン・ブルーインズ NHL 50 6 25 31 13 - - - - -
1944-45 ボストン・ブルーインズ NHL 46 8 14 22 16 7 0 0 0 0
1945-46 ボストン・ブルーインズ NHL 30 2 3 5 0 4 0 0 0 0
1946-47 ボストン・ブルーインズ NHL 6 0 0 0 0 - - - - -
NHL合計 833 228 246 474 462 82 13 17 30 50

外部リンク[編集]