ディアパソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

株式会社ディアパソン(DIAPASON)は、かつて存在した浜松市ピアノ関連会社である。DIAPASONブランドのグランドピアノおよびアップライトピアノ卸販売を行っていた[1]河合楽器製作所の子会社であったが、2017年6月1日に河合楽器製作所と合併して解散した。Diapsonはフランス語(および英語)で「音域」や「音叉」の意味。

ディアパソンピアノは2018年現在、カワイの一ブランドとして販売されている。

沿革[編集]

  • 1947年 - 大橋幡岩が曳馬木工所を設立し、ディアパソンピアノの試作品を製作。
  • 1948年 - 大橋幡岩が浜松楽器製作所の技術部長に就任。ディアパソン第1号が完成[2]
  • 1949年 - 浜松楽器製作所と曳馬木工所が合併し、浜松楽器工業株式会社が設立。
  • 1958年 - 浜松楽器工業 (株) が河合楽器製作所の子会社となる。
  • 1986年 - 株式会社ディアパソン設立。
  • 2017年 - 河合楽器製作所と合併し解散[3]

ピアノの特徴[編集]

ピアノの製造はカワイが行っていた。多くのモデルははカワイのピアノを基にして、天然素材や輸入のアクション部品を組み込んで調整したもので、総一本張りの、総アグラフなど製作に手間のかかる方式を採用している[4]

会社解散時には、大橋の設計を使用したグランドピアノは全長183 cmのDR-5のみであった[5]。このモデルは、現在ほとんどのグランドピアノで使われている高音部の倍音を増強するためのデュープレックススケール方式を採用していない。

出典[編集]

  1. ^ “連結子会社の合併及び当社による連結子会社の合併に関する契約締結のお知らせ” (プレスリリース), 河合楽器製作所, (2017年3月28日), http://www2.kawai.co.jp/ir/pdf/2017/disclo_20170328_1.pdf 2018年5月28日閲覧。 
  2. ^ 株式会社ディアパソン. “歴史と伝統”. 2016年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月28日閲覧。
  3. ^ 株式会社ディアパソンがメルヘン楽器株式会社に吸収され消滅。メルヘン楽器が河合楽器製作所に吸収され消滅。
  4. ^ 足立博『まるごとピアノの本』青弓社、2002年。ISBN 978-4787271525
  5. ^ ディアパソングランドピアノ DR-5 #125908”. ぴあの屋ドットコム (2017年8月20日). 2018年5月29日閲覧。

外部リンク[編集]