テレーゼ・フォン・ザクセン=アルテンブルク (1836-1914)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テレーゼ・フォン・ザクセン=アルテンブルク
Sophie Friederike zu Mecklenburg
Teresia of Sweden c 1890.jpg
ダーラナ公爵夫人テレーゼ、1890年頃

全名 テレーゼ・アマーリエ・カロリーネ・ヨゼフィーネ・アントイネッテ
出生 (1836-12-21) 1836年12月21日
バイエルン王国の旗 バイエルン王国アンスバッハ
死去 (1914-11-09) 1914年11月9日(77歳没)
 スウェーデンストックホルム
埋葬  スウェーデンリダルホルム教会
配偶者 ダーラナ公アウグスト
家名 ヴェッティン家エルンスト系
父親 ザクセン=アルテンブルク公子エドゥアルト
母親 アマーリエ・フォン・ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン
テンプレートを表示

テレーゼ・フォン・ザクセン=アルテンブルク(Therese von Sachsen-Altenburg, 1836年12月21日 - 1914年11月9日)は、ドイツザクセン=アルテンブルク家の公女で、スウェーデン王族のダーラナ公アウグストの妻。全名はテレーゼ・アマーリエ・カロリーネ・ヨゼフィーネ・アントイネッテ(Therese Amalie Karoline Josephine Antoinette von Sachsen-Altenburg)。

生涯[編集]

ザクセン=アルテンブルク公子エドゥアルトとその最初の妻でホーエンツォレルン=ジグマリンゲンカールの娘であるアマーリエ(1815年 - 1841年)の間の第1子、長女として生まれた。1852年に父を亡くすと孤児となったため、最初は従姉のハノーファー王妃マリーに、次いで伯父のホーエンツォレルン侯カール・アントンに引き取られた。1864年4月16日にアルテンブルクにおいて、スウェーデン王オスカル1世の四男であるダーラナ公と結婚した。夫婦仲は良好だったが、間に子供は生まれなかった。夫とは結婚して9年後の1873年に死別した。

夫を亡くして間もなくテレーゼの精神は徐々に崩壊し、自分の周囲の人間にひどく攻撃的な態度を取るようになった。病状が悪化するとストックホルム宮廷はテレーゼを厄介払いすることに決め、テレーゼは1875年に精神異常と診断されて、ダールスコルド伯爵夫人(Gräfin von Dahlskiöld)の偽名でスイスに追放された。彼女はヌーシャテルに買い与えられた屋敷で長年を過ごした。

1890年にスウェーデンへの帰国を許され、死ぬまでソルナのハガ城(現在のハガ公園)で暮らした。晩年のテレーゼは趣味の作曲や慈善活動に時間を費やした。また義理の甥孫で、知的障害のため家族から疎外されていたヴェストマンランド公エーリクを可愛がったという。1914年に死去し、リダルホルム教会の王家の墓所に葬られた[1]

参考文献[編集]

  • Johannes Töpfer: Landeskunde des Herzogthums Sachsen-Altenburg, S. 26 (Digitalisat)
  • Margaret Howitt: Twelve months with Fredrika Bremer in Sweden, Band 1, S. 60 ff. (Digitalisat)

脚注[編集]

  1. ^ http://www.tripwolf.com/de/guide/show/16672/Schweden/Stockholm/Riddarholmen-Kirche