ブローディア亜科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
テミス科から転送)
移動: 案内検索
ブローディア亜科
Bluedicks.jpg
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 単子葉類 Monocots
: キジカクシ目 Asparagales
: キジカクシ科 Asparagaceae
亜科 : ブローディア亜科 Brodiaeoideae
学名
Brodiaeoideae Traub
タイプ属
Brodiaea Smith
Map-Themidaceae.PNG
分布

ブローディア亜科 Brodiaeoideaeキジカクシ科亜科の一つ。かつてはテミス科 Themidaceae として分離されていた[1]北米西部のブリティッシュコロンビア州から、中米グアテマラまでに自生する[2]

分子系統解析によって本亜科の単系統性は強く支持されており、おそらくツルボ亜科の姉妹群となる[3]。現在の分類では12属程度が認識されているが[4]、いくつかの属の単系統性は疑わしい[5]Triteleia(15種)、Brodiaea(14種)の2属が主要な属となっている[6]。9属が栽培化されているが、前記の2属が主に育てられる[7]

形態[編集]

多年生草本で、澱粉質の球茎から成長する。毎年、古い球茎から新しい球茎が発生する。は線形で、肉質であることも多い。基部は鞘状になる。葉脈は平行脈である。通常は散形花序をつけるが、花茎の頂点に単独で花をつけるものもある。花は両性花放射相称花被片は同形で、3枚ずつ2列に並ぶ。雄蘂は6本、または3本の雄蘂と3本の仮雄蘂が交互にある。は内向で底着。子房は上位で、3室に分かれる。果実は胞背裂開朔果である。種子は黒い層 (phytomelan) に覆われる[4][8]

歴史[編集]

19-20世紀の大部分において、このグループはBrodiaeeae として認識されており、ユリ科ネギ科ヒガンバナ科などに位置づけられていた。1985年のダールグレン体系では、ネギ科に含められた[9]

20世紀の終わりに、ユリ科の中で異質な形態を持つグループが多系統群であることが示され、Brodiaea 属はネギ属ヒガンバナ属よりクサスギカズラ属に近縁だと考えられるようになった。このため1996年には、1866年にRichard Salisburyが提唱したテミス科 Themidaceaeが復帰された[10][11]。この科名はThemis 属に由来する。この属は唯一の種Themis ixioides を含んでいたが、1879年にSereno Watsonによりこの種がBrodiaea 属に移動されたことで、属名としては使用されなくなっている[12]。その後1886年に、この種はEdward Lee Greeneにより Triteleia 属に移動されており、現在の学名はTriteleia ixioides となっている[13]

APG IIまで、テミス科はキジカクシ目の1科とされていたが、キジカクシ科に含めてもよいとされていた。APG IIIではブローディア亜科 Brodiaeoideaeとしてキジカクシ科に含められた[1]

分類[編集]

約12属60種を含む

系統[編集]

次のような系統樹が得られている[18]。Milla cladeの内部系統は安定していない[17]





Androstephium



Muilla





Muilla clevelandii




Bloomeria



Triteleia








Triteleiopsis



Brodiaea+Dichelostemma




Milla clade




脚注[編集]

  1. ^ a b Chase, M.W.; Reveal, J.L. & Fay, M.F. (2009), “A subfamilial classification for the expanded asparagalean families Amaryllidaceae, Asparagaceae and Xanthorrhoeaceae”, Botanical Journal of the Linnean Society 161 (2): 132–136, doi:10.1111/j.1095-8339.2009.00999.x 
  2. ^ Ole Seberg. 2007. "Themidaceae" page 404. In: Vernon H. Heywood, Richard K. Brummitt, Ole Seberg, and Alastair Culham. Flowering Plant Families of the World. Firefly Books: Ontario, Canada.
  3. ^ J. Chris Pires, Ivan J. Maureira, Thomas J. Givnish, Kenneth J. Sytsma, Ole Seberg, Gitte Petersen, Jerrold I. Davis, Dennis W. Stevenson, Paula J. Rudall, Michael F. Fay, and Mark W. Chase. 2006. "Phylogeny, genome size, and chromosome evolution of Asparagales". Aliso 22(Monocots: Comparative Biology and Evolution):287-304. ISSN 0065-6275.
  4. ^ a b Knud Rahn. 1998. "Themidaceae" pages 436-441. In: Klaus Kubitzki (general editor) with Klaus Kubitzki, Herbert F.J. Huber, Paula J. Rudall, Peter F. Stevens, and Thomas Stützel (volume editors). The Families and Genera of Vascular Plants volume III. Springer-Verlag: Berlin;Heidelberg, Germany. ISBN 978-3-540-64060-8
  5. ^ J. Chris Pires, Michael F. Fay, Warren S. Davis, Larry Hufford, Johan Rova, Mark W. Chase, and Kenneth J. Sytsma. 2001. "Molecular and morphological phylogenetic analyses of Themidaceae (Asparagales)". Kew Bulletin 56(3):601-626.
  6. ^ Flora of North America Editorial Committee. 2002. Flora of North America volume 26:321-347. Oxford University Press. ISBN 978-0-19-515208-1. see External links below.
  7. ^ Anthony Huxley, Mark Griffiths, and Margot Levy (1992). The New Royal Horticultural Society Dictionary of Gardening. The Macmillan Press,Limited: London. The Stockton Press: New York. ISBN 978-0-333-47494-5 (set).
  8. ^ Armen L. Takhtajan (Takhtadzhian). Flowering Plants second edition (2009). Springer Science+Business Media. ISBN 978-1-4020-9608-2.
  9. ^ Rolf M.T. Dahlgren, H. Trevor Clifford, and Peter F. Yeo. 1985. The Families of the Monocotyledons. Springer-Verlag: Berlin, Heidelberg, New York, Tokyo. ISBN 978-3-540-13655-2. ISBN 978-0-387-13655-4.
  10. ^ Richard Salisbury. 1866. The Genera of Plants. A Fragment Containing Part of Liriogamae:84. John van Voorst: Paternoster Row, London, England. (see External links below).
  11. ^ Michael F. Fay and Mark W. Chase. 1996. "Resurrection of Themidaceae for the Brodiaea alliance, and recircumscription of Alliaceae, Amaryllidaceae, and Agapanthoideae". Taxon 45(3):441-451. (see External links below).
  12. ^ Sereno Watson. 1879. "Revision of the North American Liliaceae". In: Proceedings of the American Academy of Arts and Sciences 14:238. (see External links below).
  13. ^ Edward Lee Greene. 1886. "Some Genera Which have been Confused Under the Name Brodiaea". In: Bulletin of the California Academy of Sciences 2(6):142. (see External links below).
  14. ^ 邑田仁監修・米倉浩司著『維管束植物分類表』北隆館、2013年4月25日、56-57頁、ISBN 978-4-8326-0975-4
  15. ^ 大場秀章編著『植物分類表』アボック社、2009年11月2日(2010年4月20日初版第2刷(訂正入))、513頁、ISBN 978-4-900358-61-4
  16. ^ 堀田満+フレデリック・ユーテック「ハナニラ」『週刊朝日百科 植物の世界111 ネギ キスゲ ギボウシ』岩槻邦男ら監修、朝日新聞社、1996年6月9日、10-77頁。
  17. ^ a b Gándara, Etelvina, Chelsea D. Specht, and Victoria Sosa. (2014). "Origin and diversification of the Milla Clade (Brodiaeoideae, Asparagaceae): A Neotropical group of six geophytic genera.". Molecular phylogenetics and evolution 75: 118–125. 
  18. ^ Pires, J. Chris, and Kenneth J. Sytsma. (2002). "A phylogenetic evaluation of a biosystematic framework: Brodiaea and related petaloid monocots (Themidaceae)". American Journal of Botany 89 (8): 1342–1359. doi:10.3732/ajb.89.8.1342. 

外部リンク[編集]