テオドール・ガイガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

テオドール・ガイガー(Theodor Julius Geiger、1891年11月9日 - 1952年6月16日)は、ドイツユダヤ人法学者社会学者

人物[編集]

ミュンヘンに生まれ、父親の転勤に伴いランツフートに移り、少年時代と学校時代をそこで過ごす。故郷に戻ってミュンヘン大学哲学を専攻したのち、ヴュルツブルク大学法学と国家学を学んだ。1919年の論文「保護観察論(Die Schutzaufsicht)」で法学の博士を取得。

第一次世界大戦で志願兵として出征し、ロシアで負傷して軍人傷痍記章を受けるが、ナチス体制確立後は弾圧によりドイツを去り、デンマーク、次いでスウェーデンに移り、そこで第二次世界大戦の終戦を迎えた。

終戦後は、デンマークのオーフス大学に復帰。ウプサラ学派のヘーガーシュトレームオリヴェクローナアルフ・ロスと交流し、それまでのドイツ的・現象学的社会学から、実証的・経験科学的社会学への傾向を深めた[1]川島武宜は彼の法社会学の影響で、規範を事実に解消する理論的試みを志向した[2]

ウプサラ学派とは基本的に路線を同じくしたが次第に離れて行き、1947年の論文「法社会学への準備研究」の第三章「法と道徳」においてヘーガーシュトレームとロスの批判を、「法と力」においてオリヴェクローナに対する反論を行っている。他方、オリヴェクローナもガイガーの分析方法に疑義を呈している[3]

経歴[編集]

  • 1910年 - ミュンヘン大学入学
  • 1919年 - 法学博士
  • 1928年 - ブラウンシュヴァイク工業大学教授(社会学)
  • 1933年 - ドイツを脱出
  • 1938年 - オーフス大学教授
  • 1952年 - 死去

主な論文[編集]

  • 「保護観察論(Die Schutzaufsicht)」1919
  • 「私生子とその母(Das uneheliche Kind und seine Mutter)」 1920
  • 「法社会学への準備研究(Vorstudien zu einer Soziologie des Rechts)」1947

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『現代法思想の潮流』(法律文化社,1967年)305-306頁
  2. ^ 長尾龍一『法哲学批判』(信山社,1999年)156-157頁
  3. ^ 『現代法思想の潮流』(法律文化社,1967年)326頁