ティーニシチェ・ナド・オルリチー - メジムニェスチー線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チェコ国鉄
路線番号026
路線総延長82 km
軌間1435 mm
最大勾配 15 パーミル
最高速度90 km/h

別名ティーニシチェ・ナド・オルリチー - メジムニェスチー線チェコ語: Železniční trať Týniště nad Orlicí – Meziměstí)は、チェコ国鉄の鉄道線の名称である。路線番号は、ヴァーツラヴィツェ以南が026、以北が027。なお本頁では、同じく026号線の一部として扱われている、ヴェルキー・オセク - ホツェニ線のティーニシチェ以南や、オポチノ・ポド・オルリツキーミ・ホラミ - ドブルシカ線についても取り扱う。

1875年から1876年にかけて、オーストリア国有鉄道の路線として開業した[1]。オポチノ - ドブルシカ間は、1908年に帝立王立国有鉄道の路線として開業した[2]。元々、オーストリアチェコポーランドのシロンスク地方を結ぶ路線として建設されたが、現在はナーホド郡内のローカル輸送が中心である。なお、2020年以前は、ティーニシチェ以南の路線番号は020で、ドブルシカ方面の支線の路線番号は028であった。

歴史[編集]

路線番号の変遷[編集]

  • 2020年以前:
    020 ホツェニ - ティーニシチェ
    026 ティーニシチェ - ヴァーツラヴィツェ、スタルコチ - ヴァーツラヴィツェ - ブロウモフ
    028 オポチノ - ドブルシカ
  • 2021年以降:
    026 ホツェニ - ティーニシチェ - ヴァーツラヴィツェ - ナーホド、オポチノ - ドブルシカ
    027 スタルコチ - ヴァーツラヴィツェ - ナーホド - ブロウモフ

運行形態[3][編集]

快速「スピェシニー(Sp)」[編集]

ヴァーツラヴィツェを境に系統が分かれる。

  • ホツェニ - ティーニシチェ - ナーホド
    一日5往復運行する。チェルムナーは半数弱が停車する。
    2019年以前は一日3往復の運行で、また一部はトルトノフやメジムニェスチー発着であった。2021年以前は、フロノフまで直通する便に加え、春・夏にアドルシパフまで延伸される列車があり、この春・夏の列車にはオスタシ、スカーリの愛称名がつけられていた。また、ヴァーツラヴィツェには全列車停車していた。
  • ティーニシチェ → ホツェニ
    平日のみ一日1本の運行。チェルムナーにも停車する。
    過去の運行形態
    2019年以前は一日4.5往復の運行で、ティーニシチェ以西021号線のフラデツ方面に直通していた。早朝のホツェニ行片道1本を除き、ティーニシチェ - ホツェニ間の各駅に停車していた。
    2019年末に、一日3往復(チェルムナー以南は2往復)に減便された。
    2021年末に、快速運転するホツェニ行片道1本はティーニシチェ始発に短縮された。他は全て普通に格下げされた他、多くはナーホド方面に直通する様になった。

  • ドブロショフ号: フラデツ・クラーロヴェー - ヴァーツラヴィツェ - メジムニェスチー ( ← ブロウモフ )
    平日のみ運行。一日1往復が運行している。ヴァーツラヴィツェ以南は033号線に直通する。他のフラデツ発着便と異なり、ルプレフチツェ、ヒンチツェ、オリヴェチーンを通過する。
    過去の運行状況
    2016年末に、特急として運行を開始した。当時は週6日の運行で、上下ともメジムニェスチー発着、メトゥイェにも停車していた。
    2019年度に限り、「フラデチャン」の愛称名であった。
    2019年末に、快速に格下げとなった。平日のみの運行となり、南行のみブロウモフ始発となった他、メトゥイェは通過となった。

  • フラデツ・クラーロヴェー - スタルコチ - ヴァーツラヴィツェ - ブロウモフ
    2時間ヘッドで運行する。半数程度の駅に停車する。スタルコチで032号線の快速に併結され、フラデツ・クラーロヴェーまで直通する。
    過去の運行状況
    2019年以前は、スタルコチ発着であった。また、フロノフ停留所とブルジェゾヴァーにも停車していた。
    2019年末に、北行に限りメトゥイェ停車、ブルジェゾヴァー通過となった。
    2020年末に、032号線快速に併結される形でフラデツまで延伸となった。また、フロノフ停留所、メルイェ、ブルジェゾヴァーは全て通過となった。

  • スタルコチ - ヴァーツラヴィツェ - ブロウモフ
    2時間ヘッドで運行する。この区間は普通列車が少ないため、一部の利用客の少ない駅のみを通過しほぼ各駅に停車する。スタルコチで032号線のプラハ方面特急と接続する。
    2019年以前は、フロノフ停留所とブルジェゾヴァーを通過していた。2020,21年度は、フロノフ停留所に加え、北行はメトゥイェを、南行はブルジェゾヴァーを通過していた。
  • 過去の運行系統
    • ホツェニ → ティーニシチェ → ヴァーツラヴィツェ → トルトノフ
    • ホツェニ ← ティーニシチェ ← メジムニェスチー
      それぞれ片道1本ずつ運行していた。トルトノフ行の列車は、ヴァーツラヴィツェから033号線032号線に乗り入れていた。2019年末にナーホド、フロノフ発着に変更された。
    • オスタシ号: ホツェニ - ティーニシチェ - テプリツェ - アドルシパフ 【春・夏のみ毎日運行】
    • スカーリ号: ホツェニ - ティーニシチェ - テプリツェ - アドルシパフ 【春・夏のみ土曜・休日運行】
      2021年以前、季節限定で、平日は一日1往復、休日は一日2往復運行していた。テプリツェから047号線のアドルシパフまで直通していた。秋・冬は、ナーホド、フロノフ発着で運行していた。フロノフ以北各駅に停車していた。

普通(026号線)[編集]

  • ホツェニ - ティーニシチェ ( - リフノフ)
    概ね2時間に1本の運行。平日は3割程度がナーホド、フロノフ方面にも直通し、休日は原則021号線のリフノフ方面直通となる。
    2020年以前は、大部分が021号線のフラデツ方面に直通していた。2021年度は現在に近い運行形態だが、休日もティーニシチェ発着が大多数であった。
  • ティーニシチェ - ナーホド ( - フロノフ)
    3時間に1本程度運行するのが基本。平日の半数程度がホツェニまで直通するが、021号線直通列車もある。平日のみ2.5往復がフロノフまで直通する。
    過去の運行形態
    2019年以前は、1〜4時間と間隔がばらばらで、平均2時間に1本程度の運行であった。また、多くが021号線に直通していた。
    2019年末に、運行間隔が均等化され、概ね3時間に1本の本数となった。
    2020年末に、021号線が削減され、半数程度がホツェニに乗り入れる様になった。

  • (ホツェニ → ) ティーニシチェ - オポチノ - ドブルシカ 【夏季を除く平日運行】
    平日のみ、一日1往復の運行。上りのティーニシチェ行はオチェリツェを通過する。
  • ドブルシカ - オポチノ - ナーホド ( → メジムニェスチー ) 【夏季を除く平日運行】
    平日のみ、一日1往復の運行。北行は、オポチノ - ノヴェー・ムニェスト間ノンストップとなる。
    2020年末に運行を開始した。

普通(027号線)[編集]

  • スタルコチ - ヴァーツラヴィツェ
    1時間ヘッドで運行されている。上下とも、スタルコチで032号線のトルトノフ方面、ヴァーツラヴィツェで026号線のティーニシチェ方面およびナーホド方面普通に接続する。なお、一部はヴァーツラヴィツェ以北や032号線に直通する。
  • (レトフラド/スタルコチ - ) ナーホド - メジムニェスチー ( → ブロウモフ)
    一日あたり平日2往復(上記ドブルシカ発含む)、休日はスタルコチ発メジムニェスチー行の片道1本のみの運行。これらの区間では、本数の多い快速が事実上のローカル輸送を担っている。
    2017年以前は、一日あたり平日2往復、休日1往復の運行であった。2018,19年は、平日2.5往復、休日片道1本の運行であった。
  • アドルシパフ - テプリツェ - メジムニェスチー - ヴァウブジフ/ヴロツワフ 【春・夏の休日運行】
    春・夏の休日限定で、一日2往復の運行。テプリツェ - メジムニェスチー間ノンストップ。テプリツェ以南は047号線に、メジムニェスチー以北はポーランド国鉄M206号線に直通する。GW Train Regio社が運行する。
    2020年以前は、一日3往復の運行であった。
  • アドルシパフ - テプリツェ - メジムニェスチー 【夏季運行】
    夏季限定で、一日1往復の運行。テプリツェ - メジムニェスチー間ノンストップ。テプリツェ以南は047号線に直通する。GW Train Regio社が運行する。
    2022年度運行開始予定。
  • メジムニェスチー - ブロウモフ
    早朝・深夜中心に、一日2往復(平日の場合)の運行。
    2019年以前は、一日3.5往復運行していた。

過去の運行種別[編集]

  • 特急「リフリーク」
    現在の快速「ドブロショフ」号が、2019以前に特急として運行していた。

駅一覧[編集]

以下では、チェコ国鉄026号線の駅と営業キロ、停車列車、接続路線などを一覧表で示す。

026号線(本線)[編集]

  • 種別
    • Sp:快速
    • Os:普通
  • 停車駅
    • 印:全列車停車
    • 印:一部通過
    • 印:一部停車
    • |印:全列車通過
路線名 駅名 駅間営業キロ 累計営業キロ Sp Os 接続路線 所在地
026 ホツェニ駅 - ホツェニから
0.0
メジムニェスチーから
90.8

010号線(ルハチョヴィツェ/ブルノ方面、プラハ方面)
018号線(ヴィソケー・ミート方面)

パルドゥビツェ州 ウースチー・ナド・オルリツィー郡
ウーイェズド・ウ・ホツニェ駅 6.1 6.1 84.7  
プルフーフキ駅 1.5 7.6 83.2  
チェルムナー・ナド・オルリチー駅 3.4 11.0 79.8   フラデツ・クラーロヴェー州 リフノフ・ナド・クニェジノウ郡
ボロフラーデク駅 5.3 16.3 74.5  
ジヂャール・ナド・オルリチー駅 2.8 19.1 71.7  
ティーニシチェ・ナド・オルリチー駅 4.5 23.6 67.2 021号線(レトフラド方面、フラデツ方面)
ボレホシチ駅 8.0 31.6 59.2  
オチェリツェ駅 3.2 34.8 56.0  
オポチノ・ポド・オルリツキーミ・ホラミ駅 4.3 39.1 51.7 ドブルシカ方面
ポホルジー駅 1.6 40.7 50.1  
ボフスラヴィツェ・ナド・メトゥイー停留所 2.4 43.1 47.7   ナーホド郡
ボフスラヴィツェ・ナド・メトゥイー駅 2.2 45.3 45.5  
チェルンチツェ駅 0.9 46.2 44.6  
ノヴェー・ムニェスト・ナド・メトゥイー駅 3.6 49.8 41.0  
ヴルホヴィニ駅(休止中) 51.8 39.0  
ヴァーツラヴィツェ駅 5.0 54.8 36.0 ブロウモフ方面、スタルコチ方面

026号線(支線)[編集]

路線名 駅名 駅間営業キロ 累計営業キロ 接続路線 所在地
028 ドブルシカ駅 - 0.0   フラデツ・クラーロヴェー州 リフノフ・ナド・クニェジノウ郡
  ドブルシカ・ポリツェ駅(2018年12月以降休止)   (2.5)  
オポチノ・ポド・オルリツキーミ・ホラミ駅 5.4 5.4 ナーホド方面、ホツェニ方面

027号線[編集]

  • 種別
    • Sp:快速
    • Os:普通
  • 停車駅
    • 印:全列車停車
    • 印:一部通過
    • 印:半数停車、半数通過。
    • 印:一部停車
    • |印:全列車通過
路線名 駅名 駅間営業キロ 累計営業キロ Sp Os 接続路線 所在地
027 スタルコチ駅 -   メジムニェスチーから
33.3
032号線(プラハ方面、トルトノフ方面) フラデツ・クラーロヴェー州 ナーホド郡
ヴァーツラヴィツェ駅 2.7 ホツェニから
54.8
36.0 ティーニシチェ方面
ナーホド停留所 3.6 58.4 32.4  
ナーホド駅 1.7 60.1 30.7  
ナーホド・ビェロヴェス駅 1.9 62.0 28.8  
ナーホド・マレー・ポルジーチー駅 1.8 63.8 27.0  
ヴェルケー・ポルジーチー駅 2.5 66.3 24.5  
フロノフ駅 1.1 67.4 23.4  
フロノフ停留所 2.1 69.5 21.3  
ポリツェ・ナド・メトゥイー駅 3.4 72.9 17.9  
ジヂャール・ナド・メトゥイー駅 2.8 75.7 15.1  
チェスカー・メトゥイェ駅 2.6 78.3 12.5  
ヂェドフ駅 1.1 79.4 11.4  
テプリツェ・ナド・メトゥイー駅 3.0 82.4 8.4 047号線(トルトノフ方面)
ボフダシーン駅 3.1 85.5 5.3  
ブルジェゾヴァー・ウ・ブロウモヴァ駅 2.0 87.5 3.3  
メジムニェスチー駅 3.3 90.8 0.0 ポーランド国鉄M206号線(ヴロツワフ方面)
ルプレフチツェ駅 1.8 92.6 1.8  
ヒンチツェ駅 1.5 94.1 3.3  
ブロウモフ・オリヴェチーン駅 3.6 97.7 6.9  
ブロウモフ駅 3.1 100.8 10.0  
オトヴィツェ駅 3.5 104.3 13.5      
オトヴィツェ停留所 1.2 105.5 14.7      


脚注[編集]