ティナ・シーリグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ティナ・シーリグTina Seelig, 1958年 - )は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州出身の起業家、教育者。スタンフォード大学医学部博士号を取得した後、コンサルタント業や起業に取り組む。現在はスタンフォード大学のマネジメント・エンジニアリング学部で教鞭をとりながら[1]、著述業、講演会、起業家支援プログラムに携わる。2011年にはNHK教育白熱教室シリーズ(『スタンフォード白熱教室』)に登場した。

著書[編集]

  • 1991 『The Epicurean Laboratory
  • 1994 『Incredible Edible Science
  • 2009 『20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義』(ISBN 978-4484101019
  • 2012 『未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学 集中講義II』(ISBN 978-4484121109

受賞歴[編集]

  • 2002 USASBE National Model Program Award
  • 2003 Leavey Award
  • 2004 NASDAQ Award
  • 2005 Tau Beta Pi Award
  • 2008 National Olympus Innovation Award

関連項目[編集]

脚注[編集]