チロル城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
チロル城

チロル城(チロルじょう、イタリア語: Castel Tirolo, ドイツ語: Schloss Tirol)は、イタリアボルツァーノ県(南チロル)のメラーノ(メラン)近郊、ティローロ(ティロール、チロル)にある城。中世、チロル伯の居城であった。

チロル伯はこの地から勢力を拡大し、現在のイタリアとオーストリアにまたがるチロル伯領という一国を築いた(その領域がチロル地方の名で呼ばれる)。15世紀になって交通の便がよいインスブルックに政治の中心が移動するまでは、チロル城は国主の居城であった。2003年、この城に南チロル文化・歴史博物館が設置された。

歴史[編集]

城のある小高い丘には先史時代から人が住んでいたことが たくさんの発掘物から知られている。最初の城塞が建てられたのは1100年よりも前である。その後1139/40年に増築されたことが記録に残っている。城の塔(天守)もこの時代のものであった。また、美術史の観点から見ると城の礼拝堂内のフレスコ画が特に関心を引くものである。19世紀になって荒廃状態の進む城を修繕、ネオゴシック様式で改築したのがフリードリヒ・フォン・シュミットであり、城の塔(天守)もこのときに高くなった。