チロエの教会群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 チロエの教会群
チリ
アチャオ教会
アチャオ教会
英名 Churches of Chiloé
仏名 Églises de Chiloé
登録区分 文化遺産
登録基準 (2),(3)
登録年 2000年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示

チロエの教会群は、チリチロエ島にある木造の教会堂聖堂)群である。18世紀から19世紀の間にかけて建設された。現在では、159棟が現存している。イエズス会の教会として建設され、その建築様式は、ゴシック建築バロック建築などのヨーロッパの様式と地元の様式が混ざり合ったチロエ様式が特色である。カストロ聖堂をはじめとする14の聖堂が、2000年UNESCO世界遺産に登録された。

チロエ様式[編集]

チロエ様式とは、主にチロエ島周辺に見られる独特の建築様式である。チロエは、島という性質上チリ本土から孤立していることと、島では本土と異なる資材が手に入ることから、典型的なスペインのコロニアル様式とは多くの点で異なった独特の建築様式が生まれた。

16世紀に島に到達したスペイン人たちと、それに追随したイエズス会宣教師たちは、異教徒の地にキリスト教を持ちこむべく、数多くの木造小教会を建造した。しかし、この教会群は結果的にキリスト教と土着信仰の混交的な存在になった。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。

登録対象[編集]

数字は世界遺産登録のIDで、英語の綴りはユネスコ世界遺産センターによる登録名である。

Iglesia de Achao.jpg アチャオ教会(971-001 Church of Achao) 0.165 ha
Chiloequinchao.jpg キンチャオ教会(971-002 Church of Quinchao) 1.286 ha
Chiloe church of wood.jpg カストロ教会(971-003 Church of Castro) 0.6727 ha
Iglesia de Rilán en reparaciones.JPG リラン教会(971-004 Church of Rilán) 0.7 ha
Iglesia de Nercón.JPG ネルコン教会(971-005 Church of Nercón) 0.64 ha
アルダチルド教会(971-006 Church of Aldachildo) 4.16 ha
Iglesia de Ichuac.jpg イチュアク教会(971-007 Church of Ichuac) 6.8 ha
Iglesia de Detif, isla Lemuy, Chiloé.jpg デティフ教会(971-008 Church of Detif) 4.87 ha
Iglesia de Vilupulli.jpg ビルプジ教会(971-009 Church of Vilupulli) 0.54 ha
Iglesia de Chonchi.jpg チョンチ教会(971-010 Church of Chonchi) 0.4 ha
Iglesia de Tenaún.jpg テナウン教会(971-011 Church of Tenaún) 0.38 ha
Iglesia de Colo Septiembre de 2013.jpg コロ教会(971-012 Church of Colo) 0.5 ha
Iglesia de San Juan - Dalcahue 2.JPG サン・フアン教会(971-013 Church of San Juan) 0.186 ha
Iglesia de Dalcahue-fachada.jpg ダルカウエ教会(971-014 Church of Dalcahue) 1.56 ha
シリング教会(971-015 Church of Chelín)
Iglesia de Caguach.jpg カグアチ教会(971-016 Church of Caguach)

外部リンク[編集]