チョバン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

チョバン(? - 1327年)は、イルハン朝の軍人・政治家。

生涯[編集]

スルドス部の出身。 最初に記録に現れるのは、第5代君主のゲイハトゥの支持者であったことである。しかし失政の続いたゲイハトゥをバイドゥが殺害して王位を簒奪すると、ガザン・ハンに仕えてバイドゥに対抗し第7代君主に据えた。第8代のオルジェイトゥにも仕えた。オルジェイトゥからの信任は厚く、嫡子であるアブー・サイードの後見人に任命された。

1299年マムルーク朝とのワジ・アックァザンダルの戦い(en)に参戦し、イルハン朝が勝利した。1303年マムルーク朝とのマルジュ・アユーンの戦い(en)に参戦したが、マムルーク朝が勝利しシリアを失った。

1291年に友人の宰相サアド・アッダウラ(Sa'ad al-Dawla)が解任され、タージェッディーン・アリー・シャーペルシア語版が宰相となっていたが、1312年に新たな宰相ラシードゥッディーンが就任すると、アリー・シャーは執拗にラシードを政敵とみなして対立するようになった。1316年のオルジェイトゥ没後、チョバンは第9代のアブー・サイードの王朝にも仕えて、総司令官も兼務することになった。1317年10月、アリー・シャー一派の讒言がもとでラシードがアブー・サイードによって解任された際には、チョバンはアブー・サイードを諫め、「ラシードは肉に塩が欠かせないように、国家に無くてはならない人物」と述べて復職を進言したが、1318年7月にラシードは誅殺された。

ラシードの死後はチョバンが国政を掌握したが、1319年チャガタイ・ハン国ヤサウル英語版はオルジェイトゥから大ホラーサーンGreater Khorasan)を与えられていたが裏切った)による侵攻では、ディヤルバクルとミアネ(Mianeh)を失ったが、同年にアブー・サイードの妹・サティ・ベク英語版王女と結婚し、さらにアリー・シャーが失脚すると、チョバンとその一族一党の権勢が強まり、次第に専横の度を強めてゆく。

1325年にはすでに結婚していた娘のバグダード・ハトゥンをアブー・サイードが横恋慕したため、チョバンはこれを抑えるために娘夫婦をアフガニスタンに遠ざけたが、これを機にアブー・サイードとの対立が先鋭化した。同年、ウズベクとの戦争に参戦。ジョチ・ウルスブルー・オルド英語版(西部方面軍:右翼)に攻め込んだ。1326年には宿敵ヤサウル英語版大ホラーサーンに侵攻。

1327年、アブー・サイードはチョバンの息子のディマシク英語版を殺害し、さらにチョバン討伐の軍を挙げる。チョバンは旧友であるクルト朝のギヤース・ウッディーンのヘラートに逃げ込むが、アブー・サイードの圧力を恐れたギヤースにより、弓の弦で絞殺され、その指はアブー・サイードのもとに届けられて市場で吊り下げられて曝されたという。

死後[編集]

アブー・サイードの后となったバグダード・ハトゥンの口添えにより盛大な葬儀が開かれ、彼の遺体はメディナにある正統カリフウスマーンの墓の近くに埋葬された。1335年にバグダード・ハトゥンがアブー・サイードを毒殺するとイルハン朝は無政府状態となり、孫のシャイフ・ハサンチョバン朝1340年 - 1357年)を興した。

参考文献[編集]

関連項目[編集]