チョウトンボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
チョウトンボ
Rhyothemis fuliginosa.JPG
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: トンボ目 Odonata
: トンボ科 Libellulidae
亜科 : チョウトンボ亜科 Rhyotheminae
: チョウトンボ属 Rhyothemis
: チョウトンボ R. fuliginosa
学名
Rhyothemis fuliginosa
Selys, 1883
和名
チョウトンボ

チョウトンボ(蝶蜻蛉 Rhyothemis fuliginosa)はトンボ科に属するトンボの一種である。

翅は青紫色でつけ根から先端部にかけて黒く、強い金属光沢を持つ。前翅は細長く、後翅は幅広い。腹部は細くて短い。腹長は20-25mmほど。出現期は6-9月。羽化は6月中旬ごろから始まる。朝鮮半島中国に分布し、日本では本州四国九州にかけて分布する。おもに平地から丘陵地にかけての植生豊かな池沼などで見られる。チョウのようにひらひらと飛ぶのでこの和名がついている。日本以外にも、近縁種が多数存在する。

脚注[編集]

  1. ^ Wilson, K. D. P. (2009年). "Rhyothemis fuliginosa". IUCN Red List of Threatened Species. Version 3.1. International Union for Conservation of Nature. 2013年2月22日閲覧.