チャールズ・リヒター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チャールズ・フランシス・リヒター
CharlesRichter.jpg
生誕 1900年4月26日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オハイオ州 バトラー郡 オーバーペック英語版[1]
死没 1985年9月30日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州 パサデナ
研究分野 地震学
研究機関 カリフォルニア工科大学
出身校 スタンフォード大学、カリフォルニア工科大学
主な業績 リヒター・スケール(マグニチュード)の考案
プロジェクト:人物伝

チャールズ・フランシス・リヒター(Charles Francis Richter、英語発音: [tʃaːlz frænsis riktər]チャールズ・フランシス・リクター)、1900年4月26日 - 1985年9月30日)は、アメリカ合衆国地震学者オハイオ州生まれ。地震の大きさを図るリヒター・スケール(マグニチュード)を考案し、同じカリフォルニア工科大学で研究していたベノー・グーテンベルグと共にリヒター・スケールを発展させた。

リクターまたはリヒター[編集]

Richterの発音は、英米でもしばしば議論される[2]。Charles Francis Richterは米国の生まれで、本人も /ˈrɪktɚ/ (/ˈrɪktə/)(リクター)と英語風に発音していたので、それに従うべきである[3]

しかし、日本では、この人物についてはドイツ語風にリヒターと表記・発音することが定着している[4][5][6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Hough, Susan Elizabeth (2007). Richter's Scale: Measure of an Earthquake, Measure of the Man. Princeton: Princeton University Press. p. 10. ISBN 9780691128078. 
  2. ^ Thread: Richter - pronunciation
  3. ^ John Wells’s phonetic blog archive for April 2007[1] DEPARTMENT OF SPEECH, HEARING & PHONETIC SCIENCES、Monday 30 April 2007
    (部分訳)
    土曜日(2007年4月28日)の(英国)ケントでの小地震のニュースで、アナウンサーは、Richter scaleに言及していた。アナウンサーのほとんどは、リヒターと発音していた。しかし、Charles Richterは、ドイツ語圏の生まれではないので、アナウンサーのドイツ語発音についての優れた知識はここでは間違って使われている。Charles Richterは、アメリカ人でオハイオ州の生まれである。アメリカ人として、彼は自分の名前を /ˈrɪktɚ/(リクター)と発音していたのであり、我々も /ˈrɪktɚ/ と発音すべきである。

    (原文)

    Richter

    Saturday’s minor earthquake in Kent meant that the newsreaders made several references to the Richter scale. As usual, they mostly pronounced it either [ˈrɪxtə] or [ˈrɪçtə]. But Charles Richter, the creator of the earthquale magnitude scale, was not from a German-speaking country, and the newsreaders’ otherwise admirable familiarity with German pronunciation is here misapplied. He was an American, born in Ohio. Being American, he naturally pronounced his name /ˈrɪktɚ/, and we should do the same (or, in the case of us non-rhotic speakers, as /ˈrɪktə/).

    This information is readily available from the BBC Pronunciation Unit and in the Oxford BBC Guide to Pronunciation. It is explained in some detail in LPD. But the newsreaders persist in their ignorance. (Sorry, I’m beginning to sound like a reader of the Daily Telegraph.)

  4. ^ 理科年表、2014年版、pp. 714, 715, 782など、2013年11月30日発行
  5. ^ 地震の事典 第2版(普及版)、pp.8, 54、朝倉書店、2010年3月25日、普及版第1刷、ISBN 978-4-254-16053-6
  6. ^ マグニチュード、(独)防災科学技術研究所

関連項目[編集]