ベノー・グーテンベルグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベノー・グーテンベルク
Beno Gutenberg.jpg
生誕 1889年6月4日
ドイツの旗 ドイツ帝国 ダルムシュタット
死没 (1960-01-25) 1960年1月25日(満70歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州パサデナ
居住 ドイツの旗 ドイツ帝国アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究分野 地震学
研究機関 カリフォルニア工科大学
出身校 ゲッティンゲン大学
主な業績 リヒター・スケール
グーテンベルク不連続面
主な受賞歴 ウィリアム・ボウイ・メダル(1953年)
プロジェクト:人物伝

ベノー・グーテンベルク(Beno Gutenberg, 1889年6月4日 - 1960年1月25日)はドイツ生まれの地震学者である。カリフォルニア工科大学チャールズ・リヒターの同僚で、リヒターとともに地震の大きさを表すリヒター・スケールを完成させた。

ダルムシュタットに生まれた。ゲッティンゲン大学物理学を学び、ストラスブール大学で働いたが、ストラスーブールがフランス領となったために失職し、父親の仕事を手伝った後、1926年フランクフルト大学助教授となった。ユダヤ系であったためにドイツでの待遇は低く、1930年にアメリカ合衆国に移りカリフォルニア工科大学の教授となった。同僚のリヒターとともに地震の大きさエネルギーの関係をあらわすリヒター・スケールを完成させた。

また地震の際に地球内部において地震波のうちP波の地震波速度が遅くなり、またS波が伝わらなくなる部分(グーテンベルク不連続面)があることを発見した。

受賞歴[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]