チャンキャ・ホトクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チャンキャ・ホトクト内モンゴルにおける活仏の名跡のひとつ。清代には外モンゴルジェブツンダンバと並ぶモンゴルの活仏であった。

 初代チャンキャについては詳しいことが分かっていないが、一説によると「張」という家に生まれたので「張家(中国音ジャンジャ)」から「チャンキャ」としたということである。

 チャンキャ二世はツォンカパと同郷であり、また、ダライラマ五世とも親しかった。また、先代の遺物を即座に当てたため、パンチェンラマ四世から正式に活仏と認定された。

チャンキャ三世以降は清朝より「ジャサク・ラマ」の称号を賜り、北京の雍和宮などの管理を命じられていた。チャンキャ七世は国民党政府より北京、チャハル、熱河などの寺院管理を任され、蒙蔵委員会の委員長も務めたが、1978年に没した。現在、チャンキャ八世はダラムサラで勉強中である。

歴代チャンキャ[編集]

代数 名前 生没年 備考
1世 チャンクランサイラ 1607年 - 1641年
2世 ガワン・ロプサンチューデン 1642年 - 1714年
3世 ロルペー・ドルジェ 1717年 - 1786年
4世 イェーシェー・タンパギャルツェン 1787年 - 1846年
5世 イェーシェー・タンペーニマ 1849年 - 1875年
6世 ロプサン・ダンセンギャムツォ 1878年 - 1888年
7世 リーイン・イェーシェードルジェ 1891年 - 1957年