チャムロン・シームアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チャムロン・シームアン
จำลอง ศรีเมือง
Chamlong Srimuang 2008-12-27.jpg
生年月日 (1935-07-05) 1935年7月5日(83歳)
出生地 トンブリー
テンプレートを表示

チャムロン・シームアンタイ語: จำลอง ศรีเมือง英語: Chamlong Srimuang、中国名: 盧金河 1935年7月5日 - )は、タイ王国政治家宗教家、元軍人

副首相、バンコク都知事を務めた。

概要[編集]

陸軍士官学校を卒業し軍人として少将まで昇進したのち、政治家に転じる。パランタム党を創立し党首を務めた。仏教集団サンティアソークの熱烈な支援者としても知られる。

1992年には軍出身のスチンダー首相に反対する民主化運動を指導するなど(暗黒の5月事件参照)、反強権政治の指導者として活動しており、21世紀に入って以降のタクシン・チナワットをめぐる政治情勢の中では、反タクシンの立場を明確にしている。しかしながら実業家であったタクシンが政治家となり、結果として権力の旨みを知ることになったのは、1994年パランタム党への入党がすべての始まりであり、それを実現させたのは他ならぬチャムロン自身であった。2008年11月から12月にかけてスワンナプーム国際空港封鎖デモを起こしたことで知られる民主市民連合(PAD タイ語: พันธมิตรประชาชนเพื่อประชาธิปไตย)の背後にはチャムロンの影響もあるとされる。