チトラドゥルガ城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チトラドゥルガ城

チトラドゥルガ城カンナダ語:ಚಿತ್ರದುರ್ಗದ ಕೋಟೆ, 英語:Chitradurga Fort)は、南インドカルナータカ州チトラドゥルガ県の都市チトラドゥルガにある城塞[1][2][3]

歴史[編集]

チトラドゥルガ城の城壁

チトラドゥルガ城はチャールキヤ朝の時代から確認されており、14世紀からはホイサラ朝の支配下でチトラドゥルガナーヤカが統治していた。

このナーヤカは長らくヴィジャヤナガル王国の従属化にあったが、同国がターリコータの戦いで敗れると、次第に独立していった。こうして、その歴史の後半200年間は独立王朝であった。

なお、1689年から1772年にかけて、バラマッパ・ナーヤカの治世にはチトラドゥルガ城の大増築が行われた。

18世紀に入ると、マラーター王国およびマイソール王国と幾度どなく衝突した。この城は幾度も外敵を退けてきた堅牢な城であったが、数次にわたる攻防戦の末、1779年にチトラドゥルガ城は陥落し、王朝は滅亡した。

出典・脚注[編集]

  1. ^ Chitradurga”. 2006年2月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年6月15日閲覧。
  2. ^ Chitraudurg city”. 2009年2月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年6月15日閲覧。
  3. ^ Barry Lewis. “An Informal History of the Chitradurga Nayakas”. Urbana, IL 61801: UIUC Department of Anthropology. 2011年5月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年6月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]