チオ酢酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チオ酢酸
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 507-09-5 チェック
PubChem 10484
ChemSpider 10052 チェック
UNII PS92MLC0FQ チェック
KEGG C01857
ChEBI CHEBI:46800 チェック
特性
化学式 C2H4OS
モル質量 76.11756
密度 1.08 g/mL
融点

-58 °C, 215 K, -72 °F

沸点

93 °C, 366 K, 199 °F

危険性
MSDS Fischer Scientific
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

チオ酢酸(チオさくさん、Thioacetic acid)は、化学式 CH3COSHまたはAcSHの有機化合物である。構造が酢酸と類似しているが、沸点はそれより低い。有機化学ではチオール基の導入に使われる。

チオ酢酸は、アゾビスイソブチロニトリルフリーラジカルを触媒として環状アルケン求核付加してチオエステルを形成する[1]

thioacetic acid application

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Synthesis of methyl 6-deoxy-4-O-(sodium sulfonato)-α-Ltalopyranoside, its C-4 epimer and both isosteric [4-C-(potassium sulfonatomethyl)] derivativesLászló Lázár, Magdolna Csávás, Anikó Borbás, Gyöngyi Gyémánt, and András Lipták ARKIVOC 2004 (vii) 196-207 Link