チェロソナタ第1番 (ベートーヴェン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

チェロソナタ第1番ヘ長調 作品5-1は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが作曲したチェロソナタ。作品5-2はチェロソナタ第2番である。演奏時間は約23分。

概要[編集]

チェロソナタ第1番は、ベートーヴェンが半年をかけてウィーンからボヘミア地方とプロイセンに旅行した1796年の半ばに、5月から7月にかけてベルリンで第2番と共に作曲され、初演はフランスの高名なチェロ奏者デュポール兄弟とベートーヴェン自身のピアノで行なわれた(日時は不明)。

楽譜は1797年2月にウィーンのアルタリアから出版され、フリードリヒ大王の甥であるフリードリヒ・ヴィルヘルム2世に献呈された。

曲の構成[編集]

第1楽章 Adagio sostenuto - Allegro

ソナタ形式。序奏(アダージョ・ソステヌート、ヘ長調、4分の3拍子)と主部(アレグロ、ヘ長調、4分の4拍子)で構成されている。

第2楽章 Allegro vivace

ヘ長調。8分の6拍子。ロンド形式

外部リンク[編集]