チェロソナタ第2番 (ベートーヴェン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チェロソナタ第2番 ト短調 作品5-2は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが作曲したチェロソナタ。作品5-1はチェロソナタ第1番である。

概要[編集]

チェロソナタ第1番と同じく、ウィーンからプロイセンにかけて旅行中の1796年の半ばに作曲され、第1番の完成後、作曲に着手し、おそらく短期間で作曲されたと推測されている。初演は同年ベルリンで高名なチェロ奏者デュポール兄弟のチェロとベートーヴェンのピアノで行われた(第1番と同じく日時は不明)。楽譜はのちにアルタリアから出版され、フリードリヒ・ヴィルヘルム2世に献呈された。

第1番よりひときわすぐれた内容を備えており、叙情性が豊かで流麗な美しさが全曲に見られる。わずかであるが、第1番より高い音域を使っている。

曲の構成[編集]

2楽章の構成で、演奏時間は約27分。

第1楽章 Adagio sostenuto ed espressivo - Allegro molto piu tosto presto
ソナタ形式で、アダージョ・ソステヌート・エド・エスプレッシーヴォの長大な序奏(ト短調、4分の4拍子)と、アレグロ・モルト・ピウ・トスト・プレストの主部(ト短調、4分の2拍子)から構成されており、当時のソナタの冒頭楽章としては、第1番の第1楽章と並んで異様なほど長大である。
第2楽章 Rondo, Allegro 
ト長調ロンド形式で、歌ったり、憂鬱な雰囲気になるなど曲想が変転する楽章である。