チアンフェニコール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チアンフェニコール
Thiamphenicol.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
胎児危険度分類
  •  ?
法的規制
  • none
投与方法 IV, IM, O
薬物動態データ
生物学的利用能 ?
代謝 肝臓
半減期 5.0 h
排泄 尿
識別
CAS番号
15318-45-3
ATCコード J01BA02 (WHO)
PubChem CID: 27200
DrugBank ?
KEGG D01407
化学的データ
化学式 C12H15Cl2NO5S
分子量 356.223 g/mol

チアンフェニコール: thiamphenicol)とはクロラムフェニコールのメチルスルホニル類似体であり、クロラムフェニコールと類似の抗菌スペクトルを有するが、その効力は2.5-5倍である。クロラムフェニコールと同様に水に溶けにくく、脂質によく溶ける。多くの国で動物用の抗生物質として使用されるが、中国やイタリアではヒト用としても利用される。再生不良性貧血の要因とならないことがクロラムフェニコールに対する利点である。クロラムフェニコールは化学構造にニトロ基を含むが、チアンフェニコールではニトロ基がスルホニル基に置換されているため、再生不良性貧血を引き起こさないと考えられている。

代替名[編集]

  • Dextrosulphenidol
  • Thiophenicol

外部リンク[編集]

  • Overview at World Health Organization - Food and Agriculture Organization
  • Raymond J, Boutros N, Bergeret M (2004年). “Role of thiamphenicol in the treatment of community-acquired lung infections”. Med Trop (Mars) 64 (1): 33–8. PMID 15224555. 
  • Marchese A, Debbia E, Tonoli E, Gualco L, Schito A (2002年). “In vitro activity of thiamphenicol against multiresistant Streptococcus pneumoniae, Haemophilus influenzae and Staphylococcus aureus in Italy.”. J Chemother 14 (6): 554–61. PMID 12583545.