ダン・ブリックリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダン・ブリックリン(ウィキマニア2006にて)

ダニエル・S・ブリックリン: Daniel S. Bricklin, 1951年7月16日 - )はアメリカ合衆国コンピュータ科学者。ボブ・フランクストンとともに表計算ソフトVisiCalcを開発した。

ペンシルベニア州フィラデルフィアに生まれる。Akiba Hebrew Academyを経て1969年マサチューセッツ工科大学に入学し、1973年に電気工学計算機科学の理学士号を取得。MIT卒業後DECに入社しワープロソフト「WPS-8」のプロジェクトリーダーとなるが、1976年に退社。1977年にハーバード・ビジネス・スクールに入学し、1979年に経営学修士号を取得。

1979年、MIT時代の友人であったボブ・フランクストンとともにSoftware Artsを設立、世界初のパーソナルコンピュータ向け表計算ソフトであるVisiCalcの販売を開始した。ロータスに買収される1985年まで会長を務め、同年Software Gardenを設立。1990年にはSlate Corporationを設立するが1994年に閉鎖、Software Gardenに復帰した。1995年にはTrellix Corporationを設立、2003年にInterland(現Web.com)に買収され、ブリックリンは2004年までInterlandの最高技術責任者を務めた。

1981年にグレース・マレー・ホッパー賞を、2003年にウォートンインフォシス・ビジネス変革賞を受賞した。1994年にはACMフェローに就任した。

現在はソフトウェア会社Software Gardenの社長を務める傍ら、Wikiシステムを利用したWebベースの表計算ソフト「wikiCalc」の開発に取り組んでいる。

著書[編集]

外部リンク[編集]