ダリル・ガーデナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
No image.svg ダリル・ガーデナー American football pictogram.svg
Daryl Gardener
基本情報
ポジション ディフェンシブタックル
生年月日 (1973-02-25) 1973年2月25日(45歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国メリーランド州ボルチモア
身長 6' 6" =約198.1cm
体重 295 lb =約133.8kg
経歴
大学 ベイラー大学
NFLドラフト 1996年 / 1巡目全体20位
初出場年 1996年
初出場チーム マイアミ・ドルフィンズ
所属歴
受賞歴・記録
NFL 通算成績
タックル 212回
QBサック 19回
ファンブルリカバー 5回
Player stats at NFL.com
Player stats at PFR

ダリル・ガーデナー(Daryl Gardener 1973年2月25日- )はメリーランド州ボルチモア出身のアメリカンフットボール選手。NFLの3チームで1996年から2003年まで8シーズンプレーした。ポジションはディフェンシブタックル

経歴[編集]

ベイラー大学から1996年NFLドラフト1巡全体20位でマイアミ・ドルフィンズに指名されて入団した[1]。ドルフィンズでは2001年まで6シーズンプレーした。2000年7月20日にはディフェンシブランマンとしては当時史上最高額の7年4950万ドルで契約を延長した[2]。しかし腰椎を痛めて長期欠場した[3]2001年11月、背中の負傷のため故障者リスト入りした[4]。その後2002年7月にドルフィンズから解雇された[5]。その2週間後、ワシントン・レッドスキンズと1年契約を結んだ[6]

2003年3月6日、デンバー・ブロンコスと7年3480万ドルで契約を結んだ[7]。しかし7月に喧嘩をして逮捕された。またその時に手首を負傷したため、トレーニングキャンプと最初の5試合を欠場した。復帰後2試合に先発出場したが11月には控えに降格された。ディフェンスコーチやそのスキームへの批判、ラジオでのマイク・シャナハンヘッドコーチへの批判を行ったため、合計3試合でブロンコスより出場停止処分を受けた。2004年3月に500万ドルのサインボーナスを受け取ることで合意、同年6月にブロンコスより解雇された[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ The Scorecard Poll”. スポーツ・イラストレイテッド (1996年9月2日). 2011年10月11日閲覧。
  2. ^ ポール・ジマーマン (2000年8月28日). “Player To Watch”. スポーツ・イラストレイテッド. 2011年10月11日閲覧。
  3. ^ ドルフィンズDTガーデナー、腰椎の手術で長期離脱へ”. NFL JAPAN. 2011年10月11日閲覧。
  4. ^ Dixon, Gardener Going On Injured List”. articles.sun-sentinel.com (2001年11月27日). 2011年10月10日閲覧。
  5. ^ Dolphins Release Daryl Gardener”. highbeam.com (2002年7月20日). 2011年10月10日閲覧。
  6. ^ Redskins sign unpopular ex-Dolphin Gardener to fill DT hole”. articles.philly.com (2002年7月31日). 2011年10月10日閲覧。
  7. ^ Weird details abound in Daryl Gardener’s arrest”. NBCスポーツ (2011年7月1日). 2011年10月10日閲覧。
  8. ^ Broncos make it official, waive Gardener after rocky season”. USAトゥデイ (2004年6月2日). 2011年10月10日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
ビリー・ミルナー
マイアミ・ドルフィンズ
ドラフト1巡指名
1996年
次代:
ヤティル・グリーン